2008年05月04日

2位!

スゲーうれしい。
首位浦和とは得失点差の2位というこの快挙。

でもね

実際に試合を見てると2位は出来過ぎとしても、上位と遜色ない、もしくはそれよりも見ていて楽しいサッカーしてるんだよね。

城福監督のサッカーは限りなくオシムサッカーに近い、日本人向きのスピード・スタミナを重視するサッカー。

岡ちゃんが更迭(このまま行けばなるやろなー)されたら、川淵にさらわれそうで怖いわ・・・。



さて、この2位が出来過ぎというのは、

・上位陣である「名古屋」、「浦和」、「鹿島」、そして現在は低迷しているもメンバーから言えば上位の「G大阪」とまだ当たっていないこと。

・昨年の上位陣である「浦和」、「鹿島」、「G大阪」、「川崎」、「清水」がACL予選だったり、監督問題、主力の怪我・不調・移籍、星の潰し合いでうまく勝ち点を重ねることが出来ないでいること。

・比較的組し易い相手とFC東京は戦えて来ていたこと。(厳しかったのは清水と横浜Mくらい)

・長友、大竹という若手がいきなり結果を出してくれたこと。

という幸運な面が重なったことがかなり大きい。

これから「名古屋」、「浦和」、「鹿島」、そして「G大阪」と当たる。

どのチームも優勝が狙えるチームなだけに勝ち点3が欲しくてしょうがない。

名古屋を除けば確実に東京よりも戦力は上。

ここからが東京の正念場ですな。

これらのチームを相手に今までに積み重ねてきたスタイルが出せた上に、勝ち点を積み重ねればタイトルも狙えるだろうけど、それは欲張りか?


まあ、俺はオシムの時のジェフと同じように美しく面白いサッカーが日本で見れればそれだけで良いんだ!
そんな美しいサッカーをするチームが強ければ更に良い!!
そしてそれが東京であれば最高!!!
posted by タカ at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

第9節 大分戦

結果は1−0の勝利。
内容的にも完勝に近いものだったが、理由として

1.ウェズレイ・高松がいないこと、
2.東京の守備陣、特に佐原が好調だったこと、

そして、

3.審判が大分に辛すぎるジャッジをしたことだろう。

試合開始直前に今日の審判が西村 雄一氏だというアナウンスを聞いた時、「荒れるだろうな」と思った。
俺の後ろに座ってるサッカー好きのオジさんも
「西村か、アチャー・・・」
と言ってたのにはうなずきそうになった。

さて、試合に入ると、前半15分、代表候補として呼ばれた赤嶺が素晴らしいゴールを決める。代表効果か?!
とはいえ、後半のプレーなどを見るとまだまだ今野・羽生ほどのレベルにはいたってないな〜という感じ。
本人も、

「(合宿では)みんなチームの中心選手だった。チームで確保できてから、代表のことを口にできると思う」

と謙虚に話している様子。
そういう謙虚な姿勢でこのまま行けば化ける可能性は大!頑張れ赤嶺!

この試合、中盤がボールを支配できた。普段からワンタッチプレーを相当徹底しているんだろうな、というのを局所で感じさせてくれた。

これに対し、大分は最終ライン、もしくはボランチの少し深いところから前線のFWにボールを出す単調な攻めを繰り返す。
もちろん、たまに個人技で抜かれ、危険な状況も数回生まれたが、それでもほとんどは中央は佐原、茂庭が、サイドでは長友・徳永が突破を許さず、大半の時間を安心して見ていられた。

大分も攻撃に若干厚みが無いものの、守備陣が好調で、特にGK西川が神がかっていた。決定的なシーンが3回ほどあったが、全てゴールの外へ弾きだしていた。うーん、さすが五輪のGK!川口の後継者は西川かな?

さて、この試合、イエローカードが6枚、退場者が2人出た。
しかし、試合を直に見ていた自分の感想としてはそれほど荒れた試合とはとても思えなかった。
これらのイエローカード、全て大分の選手に出されたものだった。

最初のイエローカードは森重のハンドによるものだった。
しかしこれ、故意かどうかちょっと微妙なものだった。
現場で見てたときは「故意かな?ちょっと遠くてわからんなー」
と思ったが、帰ってテレビで見てみると、「うん?偶然カボレのボールが当たったって感じがするな」というものだった。
どちらかといえば、肩の辺りにボールを当てようとしたようなプレー、もしくはオフサイドを取ろうとして手を上げたとこに当たったような感じだった。
もちろん森重は「え?イエロー??」みたいなジェスチャー。
そこにSR(スペシャルレフリー)西村さん、真顔で「だって触ったろ?」みたいな感じ。これに上本が怒りモードで猛抗議。(これが西村さんの怒りの琴線に触れたのかも・・・)

後半11分の上本がカボレの突破を防ぐためひじを出してコースを狭める行為に対してのイエローは、まあ、しょうがないかもしれない。
人によっては出さないかもしれないが、出されても仕方が無い。

後半25分 またもやカボレのサイドへだが突破を防ぐためにホベルトが進路を防ぐためにコースに入り、その時に肘がカボレの顔近くに当たり、イエロー。
これはちと厳しすぎるかも。せめて普通の反則でいいかな?と。
カボレよりもコースに先に入ったホベルトの方が有利だし、ホベルトの前にも大分の選手がいたから完全に大分ボール。カボレは早いから、行かせたくないホベルトからしたら腕を使ってしまうし、それでたまたま当たった肘でカボレがジェスチャー取ったのをそのまま真に受けて、しかもイエローはないかな?と思う。
当然、ホベルトはめちゃくちゃ怒ってた。これ、笛で止めちゃうと日本人選手は海外ではキツイと思うけどね。アウェーとかも全然吹いてくれない場合のほうが多い。

後半31分 シャムスカ以下ベンチが西村さんともめる。
そして、意味不明なことに前田俊介がイエロー。(暴言か?)

後半41分 森重に再度イエロー。カボレの突破を防ぐため足を引っ掛ける。これに対しては当然のイエロー。

後半ロスタイム 前田が長友に対するスライディング。これは足の裏を見せたものなのでイエローが当然。

イエローのジャッジについては思ったよりもミスが少なかった(本当はSRはプロなんだし、限りなく0に近いのが当然なのだが、SRの中にバケモノ級がわんさかいるので、これくらいだと少なく見えてしまうw)が、結果からは見えないが、ジャッジはかなり大分には厳しかったように思う。特に後半からイエローが連発しているが、その後半は本当に東京寄りのジャッジが多かった。

この試合、大分の選手達は明らかにフラストレーションがたまっているのが上から見て取れた。
それは西村さんの威圧的な態度が大きいのだろう。
西村さんはSRとして舐められない様に努めたのかもしれないが、選手達は、特に大分の選手たちにはそれは悪影響しか与えなかった。

西村さんのジャッジが公平性に欠けていたと東京サポの俺が思うくらいだから大分の選手や大分サポはもっと思ったのではなかろうか?
そういった不信感が審判に伝わり、西村さんは「何らか」の暴言を発したことは確実と思う。
審判は人間だ。だから間違いは確かにある。
しかし、選手よりも上の存在ではない。
審判とは本来いなくてもいい存在であるべきなのだ。敵同士が納得して戦いを終えられるように調整する必要があるから審判がいるのだ。
海外の試合を見るといい審判は選手とよく会話している。
相手の言い分を聞いた上で、相手を納得させている。

そういった「聴く力」が審判には必要だが西村さんには足りないように思える。

新聞やネットにあるように『死ね』という暴言が吐かれたかどうかは今後の処分によって分かってくるだろう。公式な発表は無くても、謹慎等の処分が重めであればそれはあったと見ていいのだろう。
でも、何より一番怖いのはうやむやにされることだが・・・。
posted by タカ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

4月29日 大分戦

明日、今年初の味スタへ行こうと思っとります。
もう、障害は全て無くなった!

待ってろ、飛田給!

さて、行く前に予習だ。

今季の大分の成績は

清水  1 - 2 大分
大分  2 - 0 柏
名古屋 2 - 1 大分
大分  1 - 2 G大阪
大宮  2 - 0 大分
大分  0 - 0 川崎
磐田  1 - 1 大分
大分  1 - 0 横浜FM

シャムスカマジック顕在ですな。

さらに細かく見てみると、
清水戦
得点:0-1 ウェズレイ(前7分)
得点:0-2 森重 真人(後2分)
失点:1-2 枝村 匠馬(後32分)

柏戦
得点:1-0 金崎 夢生(前31分)
得点:2-0 ウェズレイ(後29分)

名古屋戦
失点:1-0 玉田 圭司(前3分)
得点:1-1 金崎 夢生(前39分)
失点:2-1 マギヌン(後25分)

G大阪戦
失点:0-1 バレー(前12分)
得点:1-1 金崎 夢生(前37分)
失点:1-2 バレー(後30分)

大宮戦
失点:1-0 斉藤 雅人(前43分)
失点:2-0 斉藤 雅人(後29分)

磐田戦
得点:0-1 ホベルト(前17分)
失点:1-1 萬代 宏樹(後9分)

横浜FM戦
得点:1-0 深谷 友基(前31分)

ゴールドセイントのムウ様が一番要注意ではありますが、ウェズレイだってフリーにしたらボコボコ入れてくるし、失点も3点は取られない堅守。

前半は特に得点が多いみたいだし、東京は逆に前半とか後半すぐに得点を入れられることが多いので、前半から後半開始直後は気をつけて、後半からギアを上げていく感じがいいのかな?

でも、知将シャムスカだから、逆に前半飛ばさずに、後半から勝負かけてくるかもなー。そうした時にイケイケやりすぎて前半で東京が飛ばして点を取れなかったらアブネー!!(取れても取られるリーグ序盤のような展開の可能性あるから気をつけねば・・・。)

そういえば、大分って3勝3敗4分の五分の相手なんだよね。
いつもいい試合だし。勝っても負けても引き分けても見てて楽しい試合になる相手。

シャムスカの作るチームのクオリティが高いからなんだろうなー。
戦力的には大したこと無いはずなんだけど、すごい綺麗なサッカーをするチーム。
今までに相手チームのプレーにも拍手を送りたくなったのはオシム千葉とシャムスカ大分くらい。

オシムが無理なら、つまんねーサッカーする『俺流』岡ちゃんなんかじゃなくて、シャムスカに日本代表を任せたいけど、いなくなったら大分はソッコーJ2かもな。
posted by タカ at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

3位!

タイトルは今節までのFC東京の順位。

感無量・・・( ;∀;)

前回東京について書いたのが第2節新潟戦。
不安定な試合内容が少しずつ安定するようになってきました。

それ以後の試合は以下の通り

ナビスコ杯 第1節 3月20日(木) vs 清水 1−3 (浅利→平山)
ナビスコ杯 第2節 3月23日(日) vs 磐田 2−0 (大竹→赤嶺)(カボレ→赤嶺)
練習試合(45分×3) 3月27日(木) vs 流大 7−3 (ただし、主力組が出場した1本目は1−3でまさかの完敗)
Jリーグ戦 第3節 3月30日(日) vs 京都 3−3 (吉本)(大竹→赤嶺)(今野)
Jリーグ戦 第4節 4月 2日(水) vs 横浜 0−3
Jリーグ戦 第5節 4月 5日(土) vs 札幌 1−0 (浅利→カボレ)
Jリーグ戦 第6節 4月12日(土)vs 東京V2−1 (赤嶺→羽生)(OG)
ナビスコ杯 第3節 4月16日(水) vs 磐田 1−1 (金沢→赤嶺)
Jリーグ戦 第7節 4月19日(土)vs 川崎 4−2 (栗澤→カボレ)(長友→赤嶺)(大竹)(大竹→今野)

※()内はアシスト→得点者で記入。

今のところ第4節がターニングポイントになっている気がします。

この第4節の試合、たった一人の化け物にやられました。
それが山瀬功治でした。

試合内容としては非常に均衡してました。
どちらにもチャンスはあるが、決めきれない。
そんな前半でした。
そして、後半・・・。

@山瀬のドリブル→茂庭完全に振り切られる→ゴール!
A山瀬のショートコーナーがピンポイントに味方の頭に!
B松田の落としから山瀬の強烈なミドル!

というように、山瀬たった一人に3−0という結果を作られてしまいました。

この試合が相当悔しかったのか、次の日、の小平グラウンドでの練習後、監督と選手を含めた青空ミーティングが行われ、横浜戦の先発メンバーが約20分間、ひとりずつ意見を出し合ったそうです。

そこからは平均2失点(練習試合を含むと2点超え)していたチームが0→1→1→2と平均1点レベルまで守備力が上がりました。

若干得点力が下がってきたようにも思われますが、攻撃陣の怪我を考えると致し方ないのかな?とも。
石川、エメルソン、羽生が現在離脱中。彼らは動けてアシストもゴールも狙える選手なだけに、戻ってくれば更に攻撃にも厚みが出てくるでしょう。

また、最近の好調の影には当然のことながら、若手二人の台頭もあります。長友と大竹ですね。

長友は今まで東京にいなかった左サイドバックを見事に務めあげていますし、あのスタミナはすでに代表クラスです。相馬の後継者が出たんじゃないか??と期待しております。

そして、大竹は現時点では中村を超える逸材と言っても過言ではないかもと俺は思ってます。

ジェフの水野を最初に見たとき、めちゃくちゃ驚きましたが、あれ以上の才能を持ってます。

あとは、本人が現時点に満足せず、精進していけばフリーキック・シュート精度は現時点でトップクラスですし、パスも同様。ドリブルも良いし、あとはフィジカル。身長が無いですけど、あのポジションなら特にいらないかと。東京なら平山やカボレが競ってくれればOK!日本代表なら高原・巻がやってくれます。

あー、あと、今野がようやく自分の力を出せるようになってきました。
現在4点ですが、もう少しチームが成熟してくると、1試合1点は確実かと思われ。
その影にはベテラン浅利の守備力の高さ・安定感があるからなんですけどね。(っていうか、浅利さん、まだ成長してるってばよ!あんたスゲーよ!しかもこの人東京ガスの社員選手。プロじゃないのよ?凄いわ・・・)

カボレは少しずつですがフィットしてきました。
エメルソンほどフィットする時間は早くないですが、逆にこの人がフィットするのが早すぎたら、頼りすぎちゃってたかもしれないし、今くらいでちょうどいいかも。
プレー見てると、「あー、100%になったら止められねーよ、コリャ」って感じがプンプンします。

梶山も最近はトップ下なんですが、コレがスゲー良い!
ボランチの位置(正確にはセンターなのだが)だと、よくボール奪われてカウンター食らっちゃってたんですが、彼の特徴はドリブルからの突然パスorシュートなので、中盤の深いところだと活きない彼がトップ下になって相手の嫌がることを、嫌な時間帯にしてくれて、記録には残らない貢献をしてくれています。


ここからはもっと良くなれば!というとこ。
まずGK。塩田は非常にいいGKだと思いますが、土肥さんほどの
「神」がかったプレーが無く、もう一皮むけて欲しいですね。

次にDF。茂庭がまだまだオリンピックレベルから脱してません。
山瀬に振り切られた時もそうですが、不安定なプレーが多い。
まだフィットしきれていないブルーノや佐原のほうが落ち着いて見ていられます。
高さはあるし、フィジカルもあるからあとはDFの感覚だけなんとかなればなー・・・。
一度はジーコも認めた逸材なんだから頑張って欲しいもんですわ。

MFは特に文句つけるとこないですね。多分ほっといても良くなります。なんせ飽くなき努力家が二人(羽生と今野)がいますからね。他の選手達は彼ら二人に引っ張られていくわけですから気を抜けませんし。

そしてFW。もちろん平山。
もっと出来る子だと思うから余計に歯がゆい・・・。
赤嶺にスタメン奪われてるけど、ポテンシャルから考えたら全然上のはず。
あ、赤嶺が代表初招集ですね、そういや。
でも、ずっと見てる自分的にはまだそのレベルではないかと思ってるんですよ。
最近点に絡んでますけど、その直前のチーム自体のプレーが大体素晴らしいから、その流れにたまたま乗れてるだけなんじゃないか?と疑っております。局面を打開できるようなプレーを見せてもらったことがまだないし。バランスは良いプレーヤーだとは思いますけど、全ての能力が平均的・まとまり過ぎている感が個人的には否めない。
まだ呼ばれるには早かったと思ってますが、もしかしたら代表に呼ばれたら一回り成長するかもしれないし、それには期待してます。

(蛇足ですが、今回の代表選出、この時期に新しい選手呼びすぎていることが不安でなりません。ワールドカップ、今回は出れなくても不思議は無いと思ってます。)


さて、今は3位ですが、試合運に恵まれていたのも事実。
対戦相手で現在調子が良いのはマリノスくらい。
これから
苦手の清水、
いつも接戦&好調の大分、
その大分に勝ち、千葉にも勝ち、今日浦和を完全に封じて3戦負けなしの大宮、
そして・・・

首位・ストイコビッチの名古屋!!

と厳しい試合がこれから続きます。
3位が続くとは俺も思ってません。
A代表や五輪でメインがごっそり抜けてしまいます。
しかし、東京のサッカーののびしろはまだまだあるのも事実。
誰が入っても良いサッカーができるチームになりつつある東京。
苦しい時期をうまく乗り切れば、今季最後に予想以上の結果が見られるかもしれませんな。
posted by タカ at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

日本代表対バーレーン

岡田監督がオシムの用意した材料をいかにうまく調理できているか。
また、うまく岡田監督のカラー、味付けができているか。
それらを見るための重要な第一のポイントが昨日のバーレーン戦だろう。

結果から言うと、岡田監督は材料を無駄に廃棄し、自分の持ってきた材料すら
うまく使えずにアウェーで自滅した。

1−0。バーレーンというチーム相手にこのスコアは非常に悲しい結果だった。

バーレーンは日本が最も嫌がるプレーをしてきた。
序盤からしつこいプレスをかけ、日本が考えたボール回しをする時間帯を作らせなかった。

この日のスタメンは
GK: 1 川口能活
DF: 2 中澤佑二
6 阿部勇樹
15 今野泰幸

水本が故障だということで(控えには入ってたが?)、
この3バックは仕方ないのだろう。
そもそも3バックが問題では?という意見もあるが、
A.フバイルという強力なFWがバーレーンにいる以上、確実に一人、更に彼の周りに2人
置いておくことはアウェーだったこともありリスクを避けるためにはしょうがないのかな
とも思える。

MF: 3 駒野友一
5 安田理大

左サイドの安田よりも右の駒野がこの試合では問題だったと思う。
安田は比較的仕掛けていたし、いい意味で試合を動かすプレーヤーだった。
ボールを触る機会が少なかった割には守備も攻撃にも集中していたように見えた。
遠藤が入ったところからようやく安田が機能し始めたのに、それを山岸と交代した
岡田監督の采配には少し疑問だった。
右の駒野はボールを持つも、ほとんどゴール前にあげることができず、守備でも消えている
時間ばかりだった。
あれだけ内田に国内での試合で時間使って、ここで使わない理由は??
使わないのなら加地を呼んで入れたほうがいいと思う駒野の出来だった。

14 中村憲剛
13 鈴木啓太
10 山瀬功治

ボランチは中村・鈴木で問題ないとして、トップ下の山瀬は人選ミスだろう。
山瀬はこういうアウェーでの厳しい戦いをしたことがない。
オシムもハードな試合の場合、遠藤を使ってきた。
現在、経験値の面で見ても遠藤が一番試合に向いているはずなのに、岡田監督はここ最近の
山瀬の得点力を買ってか、トップ下に使ってきた。
後半11分に山瀬に代えて遠藤を投入したが、既に流れはバーレーンに寄ってしまっていた。

FW: 12 巻誠一郎
16 大久保嘉人

FWのこの二人の組み合わせは意外だった。
わざわざ玉田を呼んだ意味が分からなかったからだ。

途中で入れたほうが効果的だというかもしれない。
しかし、玉田はこの代表に初めて呼ばれた。
一緒にプレーしたことのある選手よりも、したことのない選手の方が多いこの代表に。
ならば、最初から出してコミュニケーションを試合の中でも図らせるべきだろう。

しばらく代表に呼ばれていないうちに、玉田も中田ヒデの言っていたことがわかったのだろうか。

「(ボールをつなぐことができれば)日本らしいサッカーができるし、向こうも苦しむと思うけど。」
「みんな素直過ぎる。もっと自分を出していい。今日は特に遠慮があったように感じた。外から見ていて、はがゆかった。」
「今日は良くて引き分けだったと思う。みんなボールを出しても足が止まっていたし、それでロングボールを蹴っていたから。」

結構厳しいことを言うようになった。あの能天気キャラがw

高原、中村、稲本ら海外組が使えなかったのは確かに岡田監督からすれば誤算だったのかもしれない。
闘莉王、水本が使えなかったことも守備面では大きな痛手だっただろう。
でも、試合内容から見て日本が競り勝てる相手だった。そういうポテンシャルの相手だった。

相手に執拗なプレスをかけられて、ロングボールを出して相手にボールを奪われるという単調なサッカーを
繰り返すようなサッカーはここ最近見たことが無かった。

岡田監督になって、代表のイメージがブレて見えるようになったが、今回の代表はブレるどころか
退化して90年代の代表に戻ってしまった。

今の日本代表はワールドカップに出ることは前提として、その出るまでの過程が求められるレベルまで
上がってきていた。
少なくとも見ている側のレベルはそうなってきている。にもかかわらず、岡田監督が出場だけを考えて
チームを作っていった、または結果的に作ってしまった場合は、出場が決定したとしても解任を求める
べきじゃないかと思う。

posted by タカ at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。