2008年08月13日

どんだけ〜!さんたて〜!

見事な散りっぷり!
しかもテレビつけた瞬間にPKとは

今回の五輪サッカー。全ての試合を最初から見てないけど、得点シーンは全て見れた。(なでしこも含めて)

まあ、3連敗は予想してたから特にショックは無いんだけど、
試合を見てると、今大会のアメリカ、ナイジェリア、そしてオランダ全てが過去の五輪のそれらよりも質は悪かった。
オーバーエイジを使ってたことが微妙に連携面に影響しているのか、それとも高温多湿な中国の夏にやられているのか。

どちらにせよ、日本は取れるところで取れなかった。
得点も勝ち点も、そしてメダルも。

呼ばれなかった主な選手たちを挙げてみると

GK 林 (流経大)

DF 青山直晃 (清水)
DF 伊野波 (鹿島)
DF 小林祐三 (柏)
DF 田中裕介 (横浜)

うーん、DFは青山は必要だった気が・・・。
小林もいいし、伊野波なんていろんなとこで使えたのに。

MF 梅崎 (浦和)
MF 水野 (セルティック)
MF 柏木 (広島)
MF 枝村 (清水)
MF 家長 (大分)
MF 金崎 (大分)
MF 菅沼 (柏)

本田の出来から考えたら水野は怪我してたからしゃあないとしても
柏木、もしくは枝村がエクストラキッカーとして、
家長や梅崎のようなドリブラーが中盤には必要だったと思う。
なでしこでも、大野のドリブルシュートが大逆転の引き金になったし。

FW 平山 (FC東京)
FW カレン (磐田)
FW エスクデロ (浦和)

FWはまあ、50歩100歩かな。
エスクデロがわざわざ帰化したのに出れなかったのはかわいそうだったけど。

戦術的に1トップはきついやね、点取るには。
平山はやっぱりポストプレーできるから必要だった。
このレベルではフィジカルでもテクニックでも抜けてるし。
平山っつーでかいのを囮にしとけばスピードのある小兵系や
センタリングが生きてきたのに。

さて、今大会のメンバーを見てみると

GK 1 西川周作(大分)

まあ、良くやったと思います。
もう少しディフェンスがしっかりしてれば乗れただろうし。

DF 4 水本裕貴(京都):cap

最初はかなりあぶなっかしかったけど、試合をこなすにつれてよくなってきた。

DF 3 吉田麻也(名古屋)

知らない選手だったが、良かったと思う。
今の名古屋にこんな選手がいるんやー。そりゃ上位にいるわと思った。

DF 5 長友佑都(F東京)

長友にしては悪い出来だった。
まあ、出来るのがわかってる選手だから厳しく見てしまうけど。

DF 6 森重真人(大分)

アメリカ戦で彼が点を取ってれば違った結果があったかもね。
守備では貢献したかもしれんが、戦犯の一人かもしれない。

MF 12 谷口博之(川崎F)

間違いなく出来が悪かった。
Jでの切れが一切無かった。
パス以外見るとこなし。
シュートのシーンは入る気がしねえ!

MF 2 細貝萌(浦和)

名前とは裏腹に平凡。
よくも悪くも無かった。
反町さんの好みがわからん。

MF 8 本田圭佑(VVV)

大きな戦犯
パス・シュート・ドリブルどれを取ってみても×
名古屋にいる頃の方がうまかった。
フィジカルだけ上がって、大事な基礎が全て無くなってる。
そういう感じ。
それはこの大会のみならず、予選や親善試合でも感じていたが、
よりひどくなっていた。
独りよがりのプレーが異常に多かった。

MF 10 梶山陽平(F東京)

この子はムラがあります。
こないだJでしばらく良かっただけに大会でやべえんじゃないか?
と思ったら案の定でした。
多分、帰ってきたらJすげえプレーでやってくれます。

FW 9 豊田陽平(山形)

点を決めたけど、それ以外見るとこなし。
なぜに彼が選ばれたのか本当にわからん。

FW 11 岡崎慎司(清水)

岡崎はもうちょっと出来る子だと思っていたが、
やはりチーム的にあまりフィットしてなかったんだろうな。

DF 13 安田理大(G大阪)

大会に強い子ですな。
怪我したのがガンバからすれば悔やまれるでしょうが。

DF 7 内田篤人(鹿島)

3ヶ月前くらいまで
「こいつ使えねえ!センタリングの精度どうなってんの!」
って思ってたけど、A代表でやってたせいか、それとも成長したのか
五輪ではよく見えました。


MF 14 香川真司(C大阪)

天才ですが、小野と同じで周りが相当走らないとこの子は生きません。
この子中心にチームを作るくらいじゃないと。
才能的には海外から欲しがられるかもしれないですな。

FW 17 李忠成(柏)

気持ちが入っているプレーを見せてくれていましたが、
なにぶん反町さんから信頼を得ていませんでした。
ポストプレーも抜けるプレーもやってマルチに動いてたのに。

FW 15 森本貴幸(カターニャ/イタリア)

前を向いたプレーがほとんど見られなかった。
チームが悪いのか、本人が悪いのか。


五輪代表は日本人監督で!ということはもう止めたほうがいいだろう。
日本人とかこだわらず、優秀な人をAと五輪では使う。
そうしないと「ハートで」とか言い出して最後にチームの基盤をひっくり返してこういう結果をまた招きかねない。

2大会連続で五輪男子サッカーはひどい結果になっている。
協会はOAうんぬんよりも監督の選出基準、そしてこういった結果に無言でいられる組織自体の見直しをしたほうがいいかもしれない。
posted by タカ at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。