2009年09月06日

対オランダ戦

久々に生放送で日本代表の試合見た。

国内で、平日にやられると仕事で見れませんから。

試合内容だが、予想通りの内容・結果(3−0)で岡田監督も別に気落ちしてない様子。
コメントを聞く限り、選手もそんな感じだった。

たった一人、本田を除いて。


日本は前半から100%の飛ばしっぷりでボールを早め早めに奪いに行って攻撃をするも、最後のところで仕事をさせてもらえず。

後半から出てきた本田は、自チームVVVでの戦い方同様、守備には参加せず、前線で味方がボールをくれるのを待ち続けるも、代表内での立場がVVVの時と違うことになかなか気づけず、気づいた頃には決着がついている状況だった。

先日、中田(英)がすぽるとで面白いことを言っていた。
カペッロは選手をコントロールする力がずば抜けているとかなんとか。

選手を「育てる」のではなく、「コントロール」するのだと。
レベルが高い選手が集まっているわけだから、当然自己主張もみんな強いわけで、そういうチームをまとめるにはそういうスキルのある監督が必要となるという、まあ当然といえば当然の話だけど、これが日本にも少なからず関係しているなー、と今回思った。

現在の日本代表は非常に中途半端な状況といえる。
国内の選手は海外との力の差をこういった試合をしなければ肌で
知ることはできず、学ぶことも多い成長途上の若い未熟な選手も
多いため、従順に監督の言われたとおりに動く。

逆に海外で戦ってきた選手たちは、厳しい環境の中戦ってきているため
自分のやり方を持っている。
代表でも自チームでの一番戦いやすい方法でプレーしたいと思っている。
中村俊輔や長谷部は代表でも中心としてプレーできているからか、
もしくは自分を抑えて戦える組織を重んじる「日本人」らしい
プレーヤーだからか今までチームに問題なくフィットしてきた。

しかし、松井や本田は代表では苦戦している。
個の力としてはずば抜けているものの、それが代表では50%も生かされていない。

彼らに適切な「職場」もしくは「役割」を代表で与えるのは監督だが、岡田監督は今のところまだそれらを見つけることができていない。

松井以上に性格的にも個が強い本田に対し、
「お前の仕事はコレだ!やりたくないなら帰れ!」
と岡田監督が言って本田が聞くとは思えないし、言わないだろう。
これが外国人監督なら言うだろうし、本田も従わざるを得ないと思う。
こういうところに岡田監督が日本人であることでツライところが現れる。

本田は今の日本代表に居場所は無いのでは?と思っているだろう。
見ていた人たちも思ったんじゃなかろうか?
俺は少なくとも現時点では控えに甘んじなければ代表にいるのは難しいと思った。

現在の代表は俊輔中心に作られている。
その俊輔は全員サボらず走ることを念頭に置いている。
これはオシムが意識付けしたところだ。
実際、本田が入る前の日本は非常に良い戦い方をしていた。
飛ばしすぎではあるものの、日本が強豪とやって良い勝負をする時は大抵そういうのが功を奏している時だ。

しかしルマン時代の松井やVVVでの本田はそういった守備も攻撃も
といった選手ではない。
攻撃オンリーと言っても過言ではないほど仕事が偏っている。

松井の場合は守備に「向いていない」というニュアンスが近いが、
本田の場合は守備を「しない」「していない」という感じだ。

これに対して仲間の選手は「あえて」なのか今回フリーであっても
本田にはあまりボールを出さなかったように見えた。
もしくは本田のオフザボールの動きが悪かったから出せなかったのかもしれない。

本田は自分で気づく必要があるだろう。
「VVVと代表は違う」と。



本田を中田と重ねる人がいる。
キャラクターやフィジカルの強さ、決定力などから。

しかし中田と本田では色々なものが違っている。
中田は一人で打開できるオフェンス力もあれば、一流の相手選手から無理やりボールを奪い取れるディフェンス力もあり、攻撃から守備まで全て全力で行っていた。
また、海外で戦えている選手が当時中田一人だという状況もチームで彼を中心に作らざるを得ない状況にしていた。
そして、中田はビッグマウスではなかった。冷静にチームを見ていた。
個として日本人離れしているというだけで、色々なものが本田とは異なっている。

日本人で岡田監督以上に日本代表監督に最も向いている一人が
この中田だと思うのだが、本人がやる気がないのがいささか
残念なところだ。


本田という選手は非常に優秀な選手ではある。
しかし、監督が岡田さんである以上、ワールドカップで本田が大活躍することは皆無だろう。
本田がこれから1年でどれだけ変われるかによるが、それでもチームとして機能できるまでに成長できるかと言えば0%に限りなく近いと思っている。

本田を代表で「育てる」必要はほとんどない。
「コントロール」して「機能」させる必要があるが、それは岡田さんが監督の間は代表では見ることができないだろうから、本田はこれから5年後を見据えて自チームで頑張ることを考えたほうが良い。


JとA代表はこれからより協力的になるべきだろう。
Jは「育てる」のに定評のある監督を海外から呼んだり海外へ送り込んで呼び戻したり、Aは「コントロール」することに定評のある監督をやはり海外から呼ぶべき時期に来ている。
この役割分担をしなければ、松井や本田のような力はあるのに使えない状況が今後多く見られていくことだろう。

posted by タカ at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【A代表】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。