2008年06月09日

オマーン戦 その2(アウェー)

予想通りの結果になってしまった。
むしろ、最悪の結果にならなくて良かったかもしれない。そういう試合だった。

ホームでやったサッカーをそのままやってしまった。
そしてホームで調子がイマイチに見えた闘莉王、駒野、長谷部、大久保はそのままイマイチのまま・・・。

やはりアウェーということもあり、オマーンは攻めてきた。
これに対し、実力の差を頭に持ったまま戦ってしまった選手たちは、戸惑いや油断を隠さず、試合に入りきれずにいた。

そして前半早々、コーナーキックからのこぼれだまを見事に決められる。

ここからオマーンが下がり気味になったこともあり、ボールキープを出来るようになったものの、
オマーンの暑さが、どの程度まで力を出してもいいのか?バテないだろうか?という不安感を持たせ、
攻めが中途半端になってしまう。
素晴らしい攻撃をした後の2次、3次攻撃が精度を欠いていた。

そしてオマーンのGKが非常にキレを見せ、もどってきたDF陣も間一髪のところで得点をさせないという素晴らしい守備
をして日本の攻撃陣をじれさせた。

こんな中でも中村はぶれない攻撃を見せ、素晴らしいクロスやパスを出す。
1−0でオマーンが勝っているものの、日本は常に押し続ける。
オマーンは前回とは見違える守備力でその日本の攻撃を抑え続ける。
ずーーーーっとこのこう着状態が続き、マイアミの奇跡で日本がブラジルを破った時のようなあの結果が、
今度は逆に日本に起こるのではないか?そんな予感さえした。

ところが、ここで好調な玉田がまた日本を救った。
長谷部がゴール前から左にいた玉田へスルーパス。
玉田が素晴らしいスピードで抜け、DFに足をかけられPKをゲット。
これを遠藤が決め、1−1となった。

これが追い風になるかと思いきや、やはりこちらも不調な駒野がホームそのままのプレーをし、
中途半端な前線へのボールをクリアをオマーンDFに弾き返され、そのボールがオマーンのFWに渡り、
闘莉王は判断が遅れ、後ろから倒してしまいPKを奪われる。

楢崎がこの試合、失点シーン以外は完璧だったので、なぜか点をそれ以上取られる不安がなかったのだが、
本当に取られなかったので驚いた。
本人も「自信はあった」と言っていたが、見ていてそういうオーラが出ていた。
むしろオマーンの選手から「外すんじゃないだろうか?」という感じが出ていた。
こういうのってあるんだなー、と思いながら見ていたが、まあ、入らなかったことで結果的に日本はかなり3次予選突破に近づいた。

最近テング気味な発言の多かった闘莉王には、これは非常にいい薬になったんじゃなかろうか。

あと、大久保が退場したため11人対10人になりかねない状態を、松井が即座に相手を退場させ10−10にさせたことは
松井のファインプレーだろう。フランスでそんなテクニックまで身につけちゃってw

大久保については、Jでもあんな感じだし別に驚かない。
むしろ、相手をガンガン傷つけといて、軽い報復行為を受けた時にすごい演技力で相手を退場させるような選手だから。
ちゃんと見ない人が審判なら(低いレベルの審判なら)こっちに有利に働く選手。
もちろんちゃんと見る審判なら大久保は常にイエローをもらいやすいプレーヤー。
そういう(退場の)危険を持ったプレーヤーだって知ってて岡田さんが使っているんなら別にそれでもいいと思ってる。
これで岡田さんが大久保をもう使わないっていうことがあればむしろそっちのほうが問題。
気づいて無かったってことだモンね(;^ω^)
ま、大久保にもクスリが出たって事で、今後よくなればいいさ。

岡田さんの
「僕の方から見えなかったので「何したんや?」と聞いたら「蹴ってしまいました」と言ったんでね。「ボケ」と言っておきました。」
は優しさですね。温かいですなー。

あと、思ったのだが、中村はコメントがだんだんオシム化してきた気がするw
ホームでのオマーン戦では
「2−1になっていたらすごく怖かった。(3点目のシーンは)松井が中に入ってきて、
 もし駒野が前に出てきていたら、(パスを)出していたかもしれない。
 (右足でのシュートは)ああせざるを得なかった。駒野が来ていたら、チョイスが増えていた。
 出す振りをすることもできたし。」

と、駒野が来ないことに注文をつけていたし、

昨日のアウェーのオマーン戦では

「(今日の試合で)勝ち点3を取れれば一番よかったけれど、目先の結果だけではなく、
 もっと強い相手だったらどうなっていたかとか、そういうことは考えている。
 後半、ヤット(遠藤)からいいボールが来て、内田が高い位置にいるから、そこにボールを出したりしたけど
 (ゴールまで)あと一つが足りない。それは今日だけの話ではない。外からの展開でも、ニアがつぶれて裏で狙うとか、
 そういうのをもっと感じられるようにならないと。3人目(の動き)がまだ足りない。
 でも、あと一歩まで来ているとも言えるかもしれない。」

↑この言い回しがかなりオシムっぽいw

さて、引分けで勝ち点7の日本はバーレーンがタイに勝っていたら首位通過はかなり厳しいものになっていたが、
バーレーンもタイと引分け、首位バーレーンとは勝ち点差3のまま。

日本が3次予選をクリアできないパターンは

日本がタイにもバーレーンにも負け、オマーンが1勝1分け、もしくはタイが2連勝かつ日本に失点でも勝った場合か、
日本が2分けでオマーンが2勝した場合だからかなりの確率で最終予選には行ける。

しかし、心配なのはレベルアップしている感じがしないことだ。
オマーンでこれだと、もう少し強い相手では1−0で逃げ切られてしまう可能性が高くなる。

もう監督の岡田さんに戦術うんぬんに期待するよりは、オシム化している俊輔を中心にチームが作られていくことを期待したい。
そうすることが時間の無い今、確実に今後の最終予選を突破できる方法の一つだと俺は思うから。
posted by タカ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

オマーン戦 その1(ホーム)

この試合、生で見てきたので、その雑感を。

・オマーンが主力5人もいないせいで(いないのは後で知った)、大学生並みの酷さだった。
・当然海外組もいれてフルメンバーの日本はいくらでもボールキープが可能。
・オマーンと日本の差は、ワールドカップ時の日本とブラジルの差以上に大きかった。
・にも関わらず、3−0だったことは非常に問題。

・調子が良かったのは玉田、中村、松井、長友、中澤。

玉田は相手が大久保ではなく、巻などのポストプレーヤータイプのFWと組ませたり、
もっとパスを出してあげればゴールをかなり量産できたんじゃなかろうか?というほどキレていた。
プレーの精度が2006年の比じゃなかった。ストイコビッチ、恐るべし・・・w

中村や松井は連携面での不安はあっても、それをカバーするテクニックと運動量を見せつけてくれた。

長友は三都主のいなくなった左サイドを完全に支配。守備力攻撃力ともに問題なし。
まるでベテランのような動きw

・調子がイマイチに見えたのは闘莉王、駒野、長谷部、大久保。

闘莉王は大久保のアシストをしたが、それ以外は基本的に上がるのを押さえられていた感じ。
これにより、かなり窮屈そうにサッカーをしていた。

駒野、長谷部のクロスの精度が低い上にパスミスが非常に多い。守備も中途半端。
ポジショニングもあまりよくない。

駒野はJではスゲーのに、代表ではひどくなるな・・・。
肝心な場面で上がってないし、上がってボール取られてカウンター食らった時の守備は無いに等しいし。

長谷部のあのレベルなら今野のほうが守備力の面でははるかに頼れる。
攻撃なら憲剛のほうがいいし。
稲本や中田浩二が早く戻ってきて欲しい。

大久保は得点を入れたシーン以外は動きが少なく、完全に消えている時間が多かった。
飛び出すのも1歩遅く、これではアウェーではキツイ。
ホームなら(体力の消耗が少ないから)山瀬でも良かった。
アウェーなら巻を入れるべきだろうが、入れないだろうな。

この試合、日本は3点を取ったけど、実力の差から言えば5−0、7−0もありえた。
それができなかったのは、選手が遊んでしまった(手を抜いて闘ってしまった)ため。

ボールキープができれば休めるし、見せるプレーもできる。
しかし、ボールキープをしている間に相手はゴール前に全員戻ってしまって、いくら実力の差があっても
そうそう簡単にゴールを奪える状況はできなくなってしまっていた。

こういったときに地味だが、走らなければいけないのに、ほとんどの選手が歩いてしまっていた。
玉田、松井、長友、中村あたりが走っても、後ろからの上がりが少なく、打開するには至らない
状況が続き、結果、中村の個人技による3点目以降、オマーンは糸が切れたようにモチベーションが
下がっていたのに日本も合わせて緊張感のないサッカーをしてしまった。

選手、監督は口では警戒していても、アウェーの試合では必ず油断するだろう。
オマーンのレベルは、確かに主力5人いないかもしれないが、今日のレベルに毛の生えた程度だ!と。

岡田さんは試合後、

「ちょっと足が止まった面もあって、クロスまではいってもゴールが奪えなかったのは残念です。」

と反省点を挙げていたが、

「チームのコンセプトは、シンプルにボールを動かすために足を止めないことと、パスをして動くということ。言ってできるなら簡単なんですけど、
選手たちは自分たちのアイデアの中でやってくれていたと思います。」

「後半はもう少し、選手間(の距離)を縮めるように言ったんですが、そこからの突破というのがもう少しかなと思っています。
守備に関しての接近は、ボール際、切り替えも速くて良かったと思います。」

と、ある程度の満足感を持ってしまっていた。

また、試合直前の会見では

「明日勝たないとその意味もないので、勝ち点3を取るために全力を尽くしたいと思います。」

とアウェーで挑発的なコメント。(もちろん意気込みもあるのはわかるが、勝ち点3という結果を
試合をする前から出してしまうのはある程度相手からそれが取れると思っているから出るコメントじゃなかろうか)

もし、オシムならこの結果には全く満足していないだろう。
後半にこのような試合をしてしまったらなおさらアウェーでは気を引き締める必要があると思うだろう。
多分、良かった点をあえて会見で挙げたりしない。
むしろ中村の個人技で点が取れてしまったとき、駒野がなぜカヴァーに行かなかったを怒るだろうし、
前線と後ろの間が間延びしてしまったこと、足が止まっている選手が多かったこと、この結果で満足してしまう
空気をメディアに対し払拭させる会見をしただろう。
オシムが選手に対しどのような話をしただろうかは想像がつかないが、そういったメディア越しのオシムの言葉で
選手達はさらに気を引き締めていただろう。

こういったオシムの力を岡田さんは残念ながら持っていない。
だから選手達は3点取って試合が決まった時点で遊んでしまった。
おそらく、アウェーのオマーン戦は非常に苦しむと思う。
実力の差は多少縮まり、アウェーの気候なのだから。
アウェーでも確実に勝ち点3を奪いたいのなら、気持ちの面での上積みを作る必要がある。
そうしなければ、メンバー交換による(海外組を入れるなどの)スキルアップはもう見込めないのだから・・・。

posted by タカ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。