2008年03月27日

日本代表対バーレーン

岡田監督がオシムの用意した材料をいかにうまく調理できているか。
また、うまく岡田監督のカラー、味付けができているか。
それらを見るための重要な第一のポイントが昨日のバーレーン戦だろう。

結果から言うと、岡田監督は材料を無駄に廃棄し、自分の持ってきた材料すら
うまく使えずにアウェーで自滅した。

1−0。バーレーンというチーム相手にこのスコアは非常に悲しい結果だった。

バーレーンは日本が最も嫌がるプレーをしてきた。
序盤からしつこいプレスをかけ、日本が考えたボール回しをする時間帯を作らせなかった。

この日のスタメンは
GK: 1 川口能活
DF: 2 中澤佑二
6 阿部勇樹
15 今野泰幸

水本が故障だということで(控えには入ってたが?)、
この3バックは仕方ないのだろう。
そもそも3バックが問題では?という意見もあるが、
A.フバイルという強力なFWがバーレーンにいる以上、確実に一人、更に彼の周りに2人
置いておくことはアウェーだったこともありリスクを避けるためにはしょうがないのかな
とも思える。

MF: 3 駒野友一
5 安田理大

左サイドの安田よりも右の駒野がこの試合では問題だったと思う。
安田は比較的仕掛けていたし、いい意味で試合を動かすプレーヤーだった。
ボールを触る機会が少なかった割には守備も攻撃にも集中していたように見えた。
遠藤が入ったところからようやく安田が機能し始めたのに、それを山岸と交代した
岡田監督の采配には少し疑問だった。
右の駒野はボールを持つも、ほとんどゴール前にあげることができず、守備でも消えている
時間ばかりだった。
あれだけ内田に国内での試合で時間使って、ここで使わない理由は??
使わないのなら加地を呼んで入れたほうがいいと思う駒野の出来だった。

14 中村憲剛
13 鈴木啓太
10 山瀬功治

ボランチは中村・鈴木で問題ないとして、トップ下の山瀬は人選ミスだろう。
山瀬はこういうアウェーでの厳しい戦いをしたことがない。
オシムもハードな試合の場合、遠藤を使ってきた。
現在、経験値の面で見ても遠藤が一番試合に向いているはずなのに、岡田監督はここ最近の
山瀬の得点力を買ってか、トップ下に使ってきた。
後半11分に山瀬に代えて遠藤を投入したが、既に流れはバーレーンに寄ってしまっていた。

FW: 12 巻誠一郎
16 大久保嘉人

FWのこの二人の組み合わせは意外だった。
わざわざ玉田を呼んだ意味が分からなかったからだ。

途中で入れたほうが効果的だというかもしれない。
しかし、玉田はこの代表に初めて呼ばれた。
一緒にプレーしたことのある選手よりも、したことのない選手の方が多いこの代表に。
ならば、最初から出してコミュニケーションを試合の中でも図らせるべきだろう。

しばらく代表に呼ばれていないうちに、玉田も中田ヒデの言っていたことがわかったのだろうか。

「(ボールをつなぐことができれば)日本らしいサッカーができるし、向こうも苦しむと思うけど。」
「みんな素直過ぎる。もっと自分を出していい。今日は特に遠慮があったように感じた。外から見ていて、はがゆかった。」
「今日は良くて引き分けだったと思う。みんなボールを出しても足が止まっていたし、それでロングボールを蹴っていたから。」

結構厳しいことを言うようになった。あの能天気キャラがw

高原、中村、稲本ら海外組が使えなかったのは確かに岡田監督からすれば誤算だったのかもしれない。
闘莉王、水本が使えなかったことも守備面では大きな痛手だっただろう。
でも、試合内容から見て日本が競り勝てる相手だった。そういうポテンシャルの相手だった。

相手に執拗なプレスをかけられて、ロングボールを出して相手にボールを奪われるという単調なサッカーを
繰り返すようなサッカーはここ最近見たことが無かった。

岡田監督になって、代表のイメージがブレて見えるようになったが、今回の代表はブレるどころか
退化して90年代の代表に戻ってしまった。

今の日本代表はワールドカップに出ることは前提として、その出るまでの過程が求められるレベルまで
上がってきていた。
少なくとも見ている側のレベルはそうなってきている。にもかかわらず、岡田監督が出場だけを考えて
チームを作っていった、または結果的に作ってしまった場合は、出場が決定したとしても解任を求める
べきじゃないかと思う。

posted by タカ at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

第2節までのFC東京

忙しくて日記更新が滞ってる自分に苛立ちます。
ここって自分への日記なので、後から見直したときに当時のサッカーが
どうなってたとか、自分がどう考えてたとか読めなくなる。
できるだけこれからはサボらないようがんばらねば・・・。

さて、タイトル通り東京について語りますが、今現在は
かなり面白いサッカーをしています!

チーム全体を見ると、90分のうち3分の1、つまり30分だけオシムジャパンクラスの美しいサッカーができる。
選手は右、左、中央と常に流動的に動き続け、パスが流れるように通り、パスに見とれているといつのまにかゴール前で決定的なシーンが生まれる。守備的な選手がどんどん前に上がり、波状攻撃が生まれ続ける。
この美しさは完全に城福監督のサッカー観から来るものなのだろうが、
ここまで興奮するサッカーは久々に見た。
開幕戦と第2節のダイジェストしかまだ見ていないが、すでに中毒になっている自分がいる。

ちなみに、「90分のうち3分の1」と言ったが、残りの60分はどうかというと、J1で残留争いレベルのサッカーになる。
いつ失点してもおかしくないくらいボールを失い続けるチームになり、
見ているこっちは早く試合終わってくれー!!と願わずにはいれなくなる。

個人個人で見ると、まず新加入選手が非常に良い。

カポレ・・・Kリーグ得点王の肩書きで加入。移籍元からは「強奪」呼ばわりされたw 
このカポレが先月加入したばかりでまだ連携面・体調面で不安はあるものの第1節で既にその片鱗は見せてくれた。
DFをずっと抱えたままボールを失わずに強引にドリブルを続け、シュートまで強引に持っていった。そのプレーはかつてのキングアマラオを思わせるものだった。そして今節ではこぼれだまを強引に押し込み、ゴールゲッターとしての嗅覚を見せてくれた。今後に更なる期待!!

エメルソン・・・名前からはヤンチャそうなイメージを持つが、全く逆のプレーヤー。ケリー→ルーカス→エメルソンの系譜ができた。
ブラジルの選手なのにフォア・ザ・チームのプレーヤー。しかもプレースキックもうまい器用な選手。
彼も今節ゴールを流れから決め、更に自分らしいプレーも見せてくれるんじゃなかろうか?

羽生・・・言わずと知れたオシムの申し子・切り札。東京の代表時間(エンペラータイム)を作ってる一人。
まだ連携面での不安はあるものの、前線で繋がらなかったボールが彼のランニング+フィードで綺麗に繋がるようになった。
また、走り続けるのでボールの出し所ができ、後ろからの選手が上がりやすくなった。
ボールが前線で奪われにくくなったのも彼のキープ力のおかげ。
今後、更にフィットしてくれば東京の波状攻撃の時間は30分どころじゃなくなるはず。

ブルーノ・・・昨年の札幌の守備の要。守備面においては彼の力が昇格には欠かせなかったとも言われている。
そんなブルーノだが、まだ今節は公式戦には出ていない。キャンプでの怪我で出遅れた。
彼が東京のDFとして先発すれば、多少不安のある東京のディフェンスも安心して見られるようになるかも。

既存の選手も新加入選手の活躍に煽られてか、それとも城福監督のチーム内の競争を高めた結果からか、非常に好調だ。

石川・・・昨年まではサイドばかりを走らされていた石川。今年は縦横無尽にピッチを走りまくっている。
右にいたかと思えば左でいつの間にかゴールを狙っている。そして次の瞬間には真ん中から攻めてトップ下的な役割を演じる。かつてU−17,19の頃、東京に入ってすぐの頃はこういうプレーでサポーターの心を鷲掴みにした。
もちろん、このプレーは後半にはガス欠を起こすが、それでも石川の強みはこの自由なプレーだからこのまま行ってほしい。

今野・・・もう東京最高の選手と言って過言じゃない。代表では控えめなプレーに終始することが多いけど、東京でのプレーには遠慮は全く見られない。あとは精神面でより強くなれば、後輩や新加入選手を仕切る力はあるのだから・・・。
既に今季2得点。ボランチでこれは凄いが、今野の力なら当然。そして、今季の東京なら10点も夢じゃない。

徳永・・・大学生の時、「加地よりうまくね?」と東京サポに思わせた逸材も昨年はほとんどオーバーラップせず、下手な守備ばかりが目立っていたが、今季はオーバーラップの回数も上がり、得意のサイドからの切り崩しで相手チームのゴール前を脅かしている。
第1節のヴィッセル戦での何気ない動きで相手を置き去りにしたのを見た時は、
「今年は加地を超える年だ!」と思いましたわ。

平山・・・走れない、守れない、点取れない、いじける、太る・・・そんなイメージだった去年とは全くの別人。
今年は、「痩せた!」「ポストプレーうまい」「前より走るようになった!」というイメージが出てきた。
あとは「もうちょっとで取れそうな得点」を確実に決めてくれれば東京に更なるバリエーションを増やしてくれる。
カボレは今日取ったぞ!がんばれ平山!

茂庭・・・昨年は怪我もあってまともに試合に出られない状態だった。
しかし今年はキャンプもしっかり参加し、体調は万全だ。
あとは、代表に呼ばれる頃に比べて若干薄れた守備の勘を試合の中で戻していく作業だろう。それが戻れば高さはあるのだから第2の中澤にもなれるのではなかろうか。ブルーノとツインタワーで毎試合0点を!!


彼らがこんなサッカーをするもんだから、
「次の試合はどうなってるかな?」
「連携力は上がったかな?」
「守備の崩壊は改善されてるかな?」
と考えるのが楽しくてしょうがない。
早く次の試合を見たくなる!

サッカーがつまらないな、と思いつつある時に今の東京は非常にいい目の保養になると思いますわ。
posted by タカ at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。