2007年12月29日

決勝はジーコサッカー対オシムサッカー?

ガンバはリーグの終盤の感じをまだひきづっているのか、今日の試合でも
なかなか試合の主導権を握れなかった。
西野監督の采配が見事に全てから回りしていた気がする。

逆に、J2に降格してしまった広島が、呪縛から開放されたように本来
持っている力を存分に出してガンバを2−1で退けた。
ペトロヴィッチ監督の続投が決まったことでサポーターの中には不満が
かなりあったと思うけど、いつも試合内容自体は悪くなかったし、うまく
かみ合えば上位チームにも匹敵するタレントがいるわけだから、あまり
悲観せずに、応援すれば来年はすぐに上がってこれるんじゃないかと思う。
もちろん、柏木や駒野が移籍したとしても・・・。

決勝のもう一つのチームは鹿島に決定!
川崎も、覚醒した中村がチームを1ランク上に上げた上に、アジアで
戦ってもまれた選手個人個人が走れるようになっていて、鹿島のゴールを脅かし続けていたけれど、
曽ヶ畑の神がかったセービングの連発と本山のスーパーゴールの前に惜しくも敗れてしまった。
ジュニーニョがもうちょいチームプレイを心がけたら違ったかもナー。

ところで鹿島はいったい何連勝ですか?
勝利のメンタリティみたいなのを選手全員が持っている気がするわー。

そんな鹿島は今年のリーグチャンピオン。
リーグチャンピオンと降格したチームの決勝。

普通、こういう組み合わせになったら奇跡と言われてもおかしくない。
でも、広島は落ちるはずのない力のあるチームだったからしょうがない。

別の見方をすると、この2チームはタイトルにあるようにそれぞれ
鹿島=ジーコ
広島=オシム
の血が流れているといっても過言ではないチーム。

言わずもがな、鹿島はジーコのいたチームで、ジーコはテクニカルディレクターもしていた。
離れた今でも監督はブラジル人だし、ジーコの教えを学んだ選手が多くいる。
ジーコが代表監督になった際には小笠原、柳沢、本山、秋田など鹿島勢が代表に多く呼ばれた。
が、オシムが代表監督になってからは鹿島からは選手が一人も呼ばれていない。
(内田が合宿には呼ばれてましたけど)

一方の広島は監督がオシムがオーストリアで監督をしている際コーチを
していたペトロビッチで、
戦い方も基本的にオシムと同じ、全員が走りまくって戦うサッカーである。
練習もいろいろな色のビブスを使うなど共通点は多い。
また、広島からは駒野、佐藤は常に呼ばれ、合宿には柏木もよく呼ばれていた。
また、チームにはオシムが千葉で監督をしている時に絶対的なDFとして
戦っていたストヤノフがいる。

そんなそれぞれのカラーが入った2チームが元旦に戦うんだけど、
はたして勝つのはジーコか?オシムか?

もしかすると、内容によっては日本の本当に進むべき戦い方が見えてくるかもしれませんよ?←大げさ
posted by タカ at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今野、残留

今野がFC東京残留へ!クラブの熱意と欧州移籍視野に決断(サンスポ)
MF今野が東京残留決定的に(日刊スポーツ)

おお!半ば諦めてた今野の残留が決定的に!
これで来年も迷い無くFC東京を応援しまくれるってもんです。

しかも、

「今野の残留は東京にとって補強へ追い風にもなる。複数の関係者によると、現在交渉中のDF水本とMF羽生(いずれも千葉)も今野とのプレーに関心を示しているという。」(日刊)

「関係者によると、FC東京からオファーを受けている千葉の日本代表MF羽生、同DF水本は、今野の残留を移籍の判断材料にしているようで、FC東京にとっても、来季への最高の“補強”になりそうだ。」(サンスポ)

本当に?
その二人入ったら千葉がやばいよw

羽生が入ったら中盤の前の方の薄さが解消されるし、水本が入ればザルと化してたDFが安定するだろうし。

っていうか、今野がいれば、っていう移籍の条件って、
二人は今野とどういう関係なんだろう??w

代表ではイジられキャラだという今野。
もしかして、羽生や水本が実はイジりキャラだったとか??

ちなみに、

今野 浦和断るが… G大阪からもオファー(東京中日スポーツ)

これについてはあまり心配していない。

もし、ガンバだけがオファーをしていたならドキドキしていたけど、
今回浦和と言う、より魅力的なチームからのオファーを蹴った今野が
このオファーに対して乗るとは考えづらいから。

確かに、加地もいるけど、もし海外移籍というのを視野に入れれば
浦和と同様すぐには移籍はできない。

ポジション争いやチームにフィットする時間も必要になるし、
100%の力を出すまでに時間がどれだけかかるかわからない。
それなら最初から勝手の知っている東京で、しかも自分を中心にチーム
を作ってくれると言う城福監督の指示を仰いでいたほうがやりやすいだろうし。

福西や信男さん、土肥さんがいなくなったり、伊野波や鈴木、ルーカスなどが
移籍の噂に挙がったり、新しく入ってくる選手がいたりと今季とは布陣が
大きく変わりそうな東京だが、今野さえ残ってくれればとりあえずは
心配はないんじゃないかなーーー?
posted by タカ at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

ウラワ作戦

初撃、見事に大分を撃ち抜く!

梅崎ゲット!

田中達也が怪我気味だったし、オジェックは永井タイプが好きそうだから梅崎の補強は結構喜ばしいのでは?

これで今野も入れたら今年はいい補強ができたと言えるかもしれない。

でも、二人はよく走る凄くいい選手だけど、
ワシントンとは役割が違うからなー。

彼ほどの決定力のある人物がいなくなったのはでかいなー。

彼に代わるような選手となると、なかなかねえ・・・。

オジェックはドイツに帰ってるらしいけど、ポジトロンライフル級の
スンゲー貫通力ある選手を一緒に日本に持って帰ってくるのかなぁ?
posted by タカ at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

クラブワールドカップ 浦和対ミラン

今回で3回目のクラブワールドカップ。
浦和が出てて、しかもミランとやるもんだから結構話題に。

今大会は収益も結構出てんじゃないかなー、埼玉の方々のおかげで。

さて、試合のほうだが、率直な感想。

面白かった!

でも、日本のチームがイタリアの上位チームに勝つ可能性は
あと10年やって出てくるかどうか・・・。

そのくらいの差を感じた。

結果が1−0なのに。

一人一人のスキルがハンパ無い。
そりゃそうだ、各国のスーパースター級のメンバーがフィールドの
内にも外にも揃ってる上に、世界最高の選手がいるんだから。

UEFA(ヨーロッパ)と日本ではオジェック監督が言うように、
外国人選手枠の差がある。
日本人が育たなきゃ意味が無い、そういうこともあって日本では
野球と同じように3人までしかフィールド内に外国人枠が使えない。
UEFAは加盟国ならば外国人ととらえない。
オランダ人やスペイン人はイタリアのクラブでは外国人じゃない。
ブラジル人でもUEFAに加盟している国の国籍を持っていれば外国人じゃない。二重国籍なんて向こうでは普通だしね。
(もちろん、代表では問題あるけど)

日本のクラブが彼らに試合内容でも勝つのは100年かかっても到底不可能。まあ、オシムの数倍優れた監督がやっても厳しいだろうなw

でも、サッカーは強いチームが必ず勝つものではない。
強いチームには慢心というものが試合中に出てくることもある。
今日、浦和が勝てるとしたらそこにかけて見ていた。

結局、ミランはその慢心をあまり表に出さず、真面目にサッカーを淡々と行い、最少得点で勝った。

浦和が勝つとしたら、
1.相手がゆったりやっていた最初の20分
2.もしくは後半の勢いのある後半開始直後の20分
3.そして、37分くらいからロスタイムまでのところ
で1点取って逃げ切るパターンだろうな・・・。

まあ、今日のミランはワシントンさえ何とかしとけば、って見てて
それが本当にその通りだったし、守備に疲れてみんな上がって来れなく
なってたから浦和はサポートも足りなかったし。

でも、20分過ぎまで点が入らなかったもんだからワクワクしちゃったね。

マグレよ、起きろ!とw

まあ、浦和を見ていると、日本のクラブもさほど悪くないレベルに来たな、と嬉しくなるね。
守備の面ではかなりいい線行ってたし。
あとは攻撃バリエーションだな〜・・・。

攻撃のアイディアを沢山持った監督をJのクラブはどんどん入れたほうがいいね。

10年ちょいたったJ。
いい成長曲線を描いてるようです。


最後に、

若干、気になるのは、パスを出すべきところでの無意味なミドルシュート。
アレは無くさないとオシムに怒られるよ、憲剛のようにw
posted by タカ at 22:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

岡田新監督の就任会見

スポーツナビに一通りあったんで読んでみた。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200712/at00015579.html

読んだ感じだと、自分が心配していたよりは岡田さんがオシムとの線引きを自分の中でしていたので良かったかな?と。

「オシムさんのサッカーは私にはできないと思います。オシムさん以外にオシムさんのサッカーはできないと思います。」

この一言で、協会の他のアホな方々とはちょっと違うな、という印象を改めて持ったし。

もちろん、選ばれる選手たちは戸惑うだろうし、またチームは「1」、は言いすぎだとしても「2」くらいからのやり直しとなる。

岡田さんの今後の2年は非常につらいものになるだろう。
オシムが今までに築いてきた日本サッカーのレベルを下げないためにも、以下のノルマをクリアできなければ、岡田さん、及び彼を選出した協会は責任を取るべきだ。

1.AFCの決勝トーナメントにこれからも2チーム以上出し続ける。決勝に行けるレベルのチームが1つはある。

オシムは代表とクラブの間の「血」の循環を見事に成し遂げて、今年は優勝チームを作った。これが維持できなければ協会の体制や代表での選手のレベルアップに問題があると言うことだろう。

2.代表は予選突破は当たり前。アジアでは試合内容で負けるチームを作ることは許されない。

まあ、言わずもがなですな。オシムのチームは試合結果・内容ともに負けた試合はアジアでは無かった。

3.ワールドカップでのグループリーグ突破は組み合わせにもよるが、少なくともジーコジャパンの戦績(1分け2敗)は超える。

オシムの今のチームなら現在でもこれはキープできるんじゃなかろうか?と思う。ということは、上積みをこれからの2年でつける必要がある。これができなかったならば、岡田ジャパンの2年は無駄という結論でも間違いないのではないかと思う。

4.海外で活躍する選手たちのレギュラー化が進むこと。少なくとも人数が激減したり、レギュラーがほとんどいなくなったりすることは許されない。

代表レベルの低下を意味していると言っても過言ではないから。

もしも、上の4つのいずれかが顕著にダメな方向に見えてきたら、俺たちは岡田さんの手腕を即、疑うべきだろう。
posted by タカ at 14:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

岡田ジャパンは失速する

残念ながら、岡田武史氏が日本代表監督に就任することが決まった。
一月からは岡田ジャパンとしてサッカー日本代表は始動する。

岡田武史氏は一般の人に聞けばおそらく日本で五本の指に入る監督の一人だろう。
加茂さんが更迭されたあと急遽代理として監督を任され、見事に日本代表を初のワールドカップに導いた監督であり、コンサドーレ札幌を圧倒的な強さでJ1に引き上げ、横浜F・マリノスを何度も優勝させた、Jリーグでも実績のある人だ。

そういった経歴を持ち、かつフリーなわけだからサッカー協会が岡田さんを選ぶ理由としては当然だろう。サポーターからも強い反対は出にくいし、サッカーにさほど興味ない人からすればむしろいい人選じゃない?とすら思われてるかもしれない。

しかし、今回のタイミングでのこの人選には納得がいかない。

小野剛氏はオシム監督が倒れたことで冷静な判断力を欠いた。2ヶ月後に試合があるということ、オシムがいつ意識を取り戻すか分からないこと、こういう事態を全く想像せず、代わりとなる監督の候補をイメージ出来てなかったこと。
これらが冷静な判断力を失わせ、安易にフランス大会の戦友である岡田武史氏のみに候補を絞らせた。

オシム監督の意識の回復を待たず、監督交代へ踏み切った。
現に、集中治療室にいるとはいえ、期限前にオシム監督は意識を取り戻した。
12月には試合はないし、岡田さんを候補に押さえているのなら、事情を話して待ってもらうこともできただろうし、オシム監督のコネクションも考慮するという手はあっただろう。
1〜2月の試合もこれだけ日本人コーチをオシムの周りに置いておいたのに、彼らを頼らずに岡田さんっていうのがあまりにもコーチ陣に対して失礼だろう。反町五輪代表監督は「いざとなったらA代表のために自分も力に」という態度だったのが、岡田さんに決まってからはA代表に対して完全に後ろを向いてしまった気がする。

こういう重大な事態を安易に切り抜けようとするあたりに小野剛氏の実力不足を感じたし、今後の代表強化には大きな不安が残った。

さて、タイトルにある失速の根拠であるが、それは二つある。

一つは岡田さんの戦い方がオシム監督のそれとは全く方法が違うにも関わらず、協会はオシム監督のやり方を踏襲しろと強要してること。
もう一つは岡田さんの準備(イメージ)の量である。

一つ目の点だが、オシム監督のサッカーが前線からのチェイシングからなるトータルフットボール的なサッカーであるのに対し、岡田さんのサッカーが相手を引き付けて溜めた力を弓矢のように放つカウンターだからである。

どちらが良いとか正しいとかではない。(好みはあるとしてもだ)根本的に基本が違うのだ。

オシムはリスクを嫌う。自陣でボールが回る危険は早くつみとりたいと思っている。
もちろんそれがスピードとスタミナを基にした戦術であるから、この二つのスキルが両方無いとチームが成り立たない。そして人選もそういった選手が中心となっていた。

これに対し、岡田さんのサッカーは前線の選手に守備は求めない。基本が自陣にて守りを固め、奪ったら素早く前線へ繋ぐカウンターサッカーだからだ。
このサッカーはトータルフットボールに比べスタミナ消費は少ない。網を張り、蜘蛛のように待ち構えて確実に試合を進めることができるし、90分を通して安定している。FWも体力を温存出来るからいざという時に力を出しやすい。

だが、この戦術、確実なストライカーがいなければ点はなかなか入らない。札幌時代はエメルソンがいたから圧倒的だったが、優勝していたマリノスでは総得点では他のチームに負けていた。

オシムは日本人FWにはストライカーがいないと判断したため、全員で攻撃するトータルフットボール的なサッカーが日本人には向いていると考えた。今の日本には得点を取れる優秀なMFは多いし、代表クラスの選手のスピードやスタミナも世界的には問題ないと考えていたからだ。

また、フィジカルが弱点である日本人にはゴール前でボールを取りに行くのは、アジアはともかく、世界を舞台にした場合、競り負けてしまうのは必至であり、あまりにもリスキーだと考えた。

それらからオシム監督は日本人には前線からの守備+全員参加の攻撃を基にしたサッカーを進めてきた。

好みとする基本的な戦術が違うので人選は当然違ってくるはずなのだが、協会はオシム監督の流れを継承しろと要求している。

俺は岡田さんに任せたのなら継承とか気にせずやってくれ、と言うのが協会の出すべき発言だと思うが、オシムのサッカーを好むサポーターやオシム監督に気を使って岡田さんにシバリを作ってしまった。岡田さんがこのシバリを無視出来れば(=協会、川淵三郎を無視出来れば)早く戦えるチームが作れるだろうが、無理なんじゃなかろうかと思う。選手はオシム、戦術は岡田ジャパンじゃ二つが融合する前に下手すれば予選が厳しいことになりうる。

もう一つの準備の量だが、岡田さんに限らず、日本人でオシム体制から別の監督に代わることを考えた人がいただろうか?
海外では代表監督の途中交代は日常茶飯事だし、日本にいる外国人監督ならある程度は自分が率いたなら、という意識を持ちながら働いているだろう。

オシム監督はその計画をジーコジャパンのやっていた四年の間に熟成させ、就任からさらに四年後に最高のチームが出来上がるように逆算し、今まで作ってきた。

一方の岡田さんにはオシム監督が描いていたあと二年後のイメージはおそらく無いだろう。いや、岡田さんじゃなくてもハッキリしたものは作れない。

だとすれば、俺は踏襲ではなく、自分のやり方を貫ける人が監督となるべきだと思うし、それは日本サッカー協会の言いなりになってしまうような人ではいけないはずだ。

これがプロの外国人監督ならば自分のポリシーもあり、協会とのしがらみも言葉の壁を利用して防ぐことができるだろう。

が、まだプロのいない日本人監督で、しかも川淵の息のかかった岡田さんには無理だろう。

俺は岡田さんは嫌いではない。日本人の中では智将のほうだと思っている。Jで指揮を執ればやはりいい成績を残せると思う。

それでも、今回のこの状況での彼の就任は日本代表にとっては良くない方向に向かうと思っている。
posted by タカ at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。