2007年09月30日

DAYBREAK'S BELL

次のガンダムのOP

カコ(・∀・)イイ!!

動画ダウンロード»»  PC - Mobile - Audio
Powered by TubeFire.com


10月10日にCD買うお!


icon
icon
DAYBREAK'S BELL
icon
posted by タカ at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

俊輔ミドル!

昨夜、ミドルシュートを決めました。

動画ダウンロード»»  PC - Mobile - Audio
Powered by TubeFire.com


GKから逃げる良いシュートですな。
posted by タカ at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平山覚醒?!

カタール戦で使われなかったから?
その悔しさがこれを生んだのか?

動画ダウンロード»»  PC - Mobile - Audio
Powered by TubeFire.com


悔しさがこのプレーを作ったのなら、反町監督に感謝。
posted by タカ at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aと五輪2

日にちも経ってるので簡単に。

まずA代表のスイス戦について。

・前半のスイス強すぎる!もう古豪とは言えないレベルだわ。
 これでまだエースFWがいないってんだからマジな大会だとヤバイ相手。
・ユーロ2008のダークホースだろうな。
・前半の日本は本当にスイスの力強さと組織力に手も足もでない状態。
・俊輔がキープできないのがそれを大きく物語っていた。
・日本ではスイスがあまり有名なチームではないので、一般の人や
 俺のような最近の海外に疎い人間には分かりづらい結果だが、
 実際に試合を見た感じだとスペインやイングランド、イタリア
 くらいの上位のチームとやっても互角に戦えるようなチームが
 スイスだというイメージを持った。
 (実際、アルゼンチンに引き分け、オランダに勝っているとのこと。)
・そんな中で前半の松井はトライが多く、唯一なんとかしてやろう、
 という気持ちが見れた。
・後半、全く予想外の展開になった。
・2点を取ったことにより、スイスにはチームに余裕が出たのか、
 前半でいい動きを見せていたマニャンとマルガイラツを代える。
・逆に日本は交代なし。

オシムは後半から選手を代えて来ることがあまりないが、それは試合後の会見で理由が語られた。

例えば、中村俊輔を前半で交代させようかと考えることがあった。
しかし、ロッカールームで選手たちの様子を見ていて、それでまた判断が変わることがある。
松井についても、前半にいいシーンがあったが、それ以外のプレーについてはどうだったか。
ハーフタイムの様子を見て、そこで選手を代えるのか。監督としては、後半の3分、4分、5分くらいはトライさせてみたい。
このまま前半と同じように、いいプレーが見られないかもしれない。そうすれば交代しよう。
そう考えて選手をピッチに送り出すと、突然、人が変わったようにいいプレーをする。
サッカーとは難しいもので、どのような状況になるのか、まったく読めない。


今後は後半10分間にオシムが誰を代えるか?予想タイムとして代表戦を
見ると面白いですな。

・後半、松井は途中でスタミナ切れを起こしたが、逆に俊輔が調子を上げた。
・それでも、スタミナ切れを起こすまでは松井は果敢なドリブルで攻め、逆転の口火を切るPKをGET。
・巻が徐々に調子を取り戻しつつあるみたいで嬉しい。(1ゴール、1PKゲット)
・この日はオシムの交代がずばり的中する。
・松井→山岸、俊輔→憲剛、巻→矢野
・代わった3人が再度同点に追いつかれた日本を勝利に導いた。
・日本の強さを欧州で出せたのは今後の海外移籍にもプラスに働くかもしれない。

こういう欧州に行っての試合を積み重ねれば、実力も認知され、
逆に日本にも強豪国をマネー抜きで呼びやすくなるんじゃなかろうか?

五輪カタール戦

・森島が評価されているが、得点力という点においてのみ不満アリ。
・動きは悪くないが、点が取れる気が全くしない。
・動きはさほどでもないが、点が取れる気がする平山との組み合わせが
 一度見たい。
・梶山のゴールで勢いづくように見えたが・・・。
・おせおせなのにちっとも入らない。
・攻め疲れで後半からカタールにやられ始める。
・梶山が3ヶ月の怪我。東京にとっては訃報。
・結局なんとか1−0で勝ったが、最小限の結果。というか、酷い。
・五輪に行ければ、こういう試合もあったねーで済むが、この結果が
 あとあとに響くのではないか?という不安の方がつのる試合だった。
・チームが完成していないから伸びしろがあるともいえるが、伸びる
 スピードによってはサウジやカタールに逆転されるんじゃなかろう  か?
posted by タカ at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

15th L'Anniversary Live

近年、最もはまっているものの一つがL'Arc~en~Cielだ。

今更だけど、古い曲から、最近の曲まで通して聞いてみて
なんで今までスルーしてたのか自分でも不思議だ。

ライブは一昨年のASIA LIVEから行き始め、昨年末のL'Anniversary Live、そしてこないだ沖縄でまたハートに火をつけろ!で3回行った。

しかも、とうとう会員にまでなっちまった。
俺ももういいオッサンなのになw

まあ、歌ってる彼らの方が綺麗だがオッサンだし、そんな綺麗なオッサン
たちが頑張ってるのを見ると、俺も励まされて、俺も頑張ろう!って
気になるんだよな。

それに、彼らの曲はいくら聞いても飽きない。

HYDEの歌声には時々泣かされそうになるし、
ユキヒロのドラムにはあまりの上手さにしびれるし、
Kenのギターは良いメロディーを作り出すし、
リーダーTETSUのハモリは素晴らしいし、それ以上にボーカルと
して歌うPUNK~EN~CIELは楽しい気分にしてくれる。

そんなL'Arcも15周年を迎え、今までの集大成的なLIVEが去年行われた。
それが15th L'Anniversary Liveである。

そのライブの映像をまとめたDVDが先日出たので買ってみた。



このライブには直接行ったので大体どんな感じかは分かっていたけど、
かなり遠くからだったので豆粒みたいな見え方だったし、このDVDで
気づいたこともあったし、やはりDVDはうまく魅せて作っているから、
純粋にもう一回ライブに行ったような気持ちになれて面白かった。

このDVDには特典映像があり、まだ未発表曲になっている「BYE BYE」
という曲が入っている。(11月に新アルバムが出るので、その中には
入ると思われる)

また、LIVEは2日間にわたって行われたので、片方の日には歌われなかった
曲などがEXTRAとして入れられている。

去年このLIVEに行った人も、行かなかった人も、曲目的にはファンの
好きな曲を集めているLIVEだったので、一見の価値はあると思う。

特に、一曲目が『the Forth Avenue Cafe』だって言うのは
たまらないでござるよ、薫殿。

posted by タカ at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

捏造(ねつぞう)?それとも事実?

夕刊フジに面白い記事があった。

三顧の礼オシムに通じず…三都主代表復帰懇願も

ほうほう、三顧の礼と言えば、三国志で非常に有能な軍師を得るために
三回訪問したと言うアレですか?

と言うことは、このオーストリア合宿に三都主が三回も来て、
ザルツブルグに入れそうな優秀な選手でも探しているのか?

もちろん、違いますね。

三都主は優秀な選手をスカウトしに来たザルツブルグのスタッフでは
ありません。
日本の優秀な左サイドの選手です。

このタイトル、かなり無理やりですな。

まず、「三顧の礼」をむちゃくちゃな使い方してます、この記事。

これがもうすぐ廃刊間近な夕刊フジクオリティ!
沈む船に残っているのはもうこの程度の書き手しかいないんでしょうね。

さっきも言ったとおり、三顧の礼は非常に優秀な軍師(しかも若い)を、
一回り以上年上の、しかも地位も名誉も持つ君主が、三度、
力を貸して欲しいと礼節を持って訪ね、その結果として軍師として
迎え入れることとなったという話である。

上の者がまだ能力の未知数の者(若い将来の芽がまだ開いていない)
を何度も訪ねて勧誘する場合によく使われるのがこの「三顧の礼」
であるが、今回の夕刊フジの使い方はこれに全く当てはまらない。

1.三都主は上ではない。
  この場合、訪ねる側がオシムならまだ分かる。
  オシムは既に名誉も地位も十二分にある。

2.オシムは能力が未知数ではない。
  千葉で十分に力を示しているし、もちろん、旧ユーゴ代表から
  オーストリアやギリシャでのクラブでも成績を十分出している。

3.オシムは若くない(w

4.3回訪問していない。

5.三都主はオシムを勧誘しているわけではない。

6.むしろ代表に入りたいという売り込みである。

そして、タイトル以上に中身が問題。

『代表入りを懇願する三都主だが、オシム監督は現地記者に対して
「三都主? 技術はあるが、もう年。スピードがない選手は
使わない」と酷評している。顔で笑って迎えたものの、
腹の中で全く違うことを考えている?! そんなオシムの怖さを、
もちろん三都主は知る由もない。』


あんれー???????

数日前、同じようなコメントを聞いたが、この時足が遅いと言われたのは

「宮本」でしたけど?(日刊)(デイリー)

ただですね、別にオシムが足が遅いと言ったのは宮本に対してだとか
三都主に対してだとかどうでもいいんです。

実際のところ、日本に必要な能力さえあればオシムはスピードに関わらず呼ぶと思いますし。

(足の遅さなら阿部や中澤だってなかなかのものだと思いますしね。
また、オシムが言っているスピードは足というよりは判断能力ですし。)

それよりも記事が宮本や三都主の耳に伝わったらどう思うか?
その辺を記者は考えるのか?
そっちのほうが気になりますわ。

それに、オシムは使わない、アイツは弱点があると言っといて
けなしている奴を実は認めて、その選手を呼ぶツンデレ爺さん
ですからw

新聞でもテレビでも媒体は安易に信じちゃいけないっていい教材に
なってくれました。
posted by タカ at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aと五輪

簡単に。

Aのオーストリア戦

・オーストリアは守備は素晴らしい。
・組織力もある。
・テクニックが皆無に近いほど無い。
・根本的には日本と似ているチームである。
・日本はDFとMFは徐々にチームとしての形が出来てきているが、
 肝心のフィニッシュ(FW)のところの成長が見られない。
・田中達也と矢野のコンビネーションがひどかった。
・松井は魅せるには時間が少なかったか。(連携の面もあるだろう)
・稲本は前半は◎、後半は△(パスミス多すぎ)。
・中村は相変わらずъ(゚Д゚)グッジョブ!!
・憲剛のミドルは惜しかった。このゲームで一番のシュート。
・憲剛はパスも良かった。アジアカップから成長?
・鈴木啓太は本当に良く走る。
・PKはミズモノなので今野と中澤は切り替えて次へ。

次のスイス戦は今回のオーストリアよりも攻撃・守備で洗練された
相手なので、特にFWは集中してゴールを目指してほしいです。
多分、巻・佐藤とかでくるんじゃなかろうか?
佐藤にはここで一つ意地を見せてアピールして欲しいもんです。

五輪のサウジ戦

・サウジはAほど強くない。
・先にへばっていたので、スタミナもさほど無いようだ。
・日本が勝てる試合だったと思うが、引分けはギリギリのノルマを達成。
・見違えるほどDFから中盤は良くなった。(今までがひどすぎたが)
・デカモリシは思ったよりいい動きをしていた。
・でも、彼が点が取れる気配はほとんど無かった。
・一人減った段階で、反町さんには平山を入れて2トップにして
 ゴール前のボールキープを増やして欲しかった。
・水野はクウェート戦に期待。
・柏木ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
・本田圭が次回使えない。代わりに安田か?

さて、平山はここでもとうとうスタメン落ちしたが、なぜか?
スキル的にはこの世代では突出していると思うのだが・・・。

反町さんはチーム内の意識どうこうと言っているが、
そういうのってこの時期にやるもんじゃないんじゃ?

でも、それって表向きの話で、本当の理由は単に
「平山、最近ゴールに見放されてて、ツイてないっぽいから代えたかった」だけじゃないの?

森島はさっきも書いたけど、予想よりは良かった。
でも、平山と比べるとポテンシャルやゴールの臭い的なものでは
はるかに劣っていたようにも見えた。
動きは平山よりもある感じだから、一緒に使う分には良いかもね。
でも、彼が1トップだと、ゴール前に誰もいなくなるから、今回の
ように結局MFがドリブルで切り込んで点を取りに行かなきゃ
いけなくなる。

ここまで平山でチームを作ってきたんだから、最後まで意地を見せてよ、反町さん!
選手たちはこの次期にこんなことされたら、特にずっとやってきた選手
たちはプレーに迷いが出ちゃうよ?
現に、中心でやってきた本田・水野・梶山はこの試合微妙だったし。

もちろん、U−20世代に切り替えるならそれでも良いけど、
それなら今すぐに総とっかえくらいの勢いじゃないと中途半端に
なっちゃうんじゃなかろうか?という不安があるのよね。

勢いがついてなんとかなっちゃうことも多いのが若い世代だから、
この不安もあとで見れば杞憂に終わる可能性もあるけど、
AのFW以上に五輪の現状が心配なわたくしです。

----------------------------------------------------
ちなみに、

AのFWは下の世代のFWもいるからあまり心配しておりません。
高原の代わり、もしくは女房役は、
・カターニャ森本、
・ジュビロ前田(筋肉改造後(怪我しない体質に改善))、
・覚醒後平山、
・思い切ってU−17柿谷
と色々いますから。

松井がセカンド的なFWってのもあるしね。
マスコミが騒ぎすぎているだけで、あまりAは心配ないのでは?
posted by タカ at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

FC東京対神戸

この試合、正直言って細かいところあまり覚えていません。
沖縄から帰ってきて、恐ろしいほどの睡魔に襲われて、
もう意識朦朧としながら見てたので、得点シーンくらいしか
頭には残りませんでした。

神戸に先制された後、何度もチャンスを作るもののなかなか点が
取れない東京が、前半ロスタイムに今ちゃんのヘディングで同点に
追いついたところまではまあ、なんとか覚えてました。

後半、

・・・ほとんど記憶がありません

ルーカスがゴールを決めた後、喜んでいるシーン(×2)くらいしか。

ただ、なんとなくですが、神戸のレアンドロが何度か惜しいチャンスを
作っていたような気が・・・。

平山が途中投入されたシーンの次に覚えているのは、
試合終了のホイッスルが吹かれたシーンでした。

平山も惜しいチャンスがあったらしいですな。
しかも、ルーカスと交錯したのか、ルーカスに怒ったらしいと。
フムフム、ちゃんと仲直りしといてくださいね。


千葉もアウェー新潟で勝利ですか。
アマルが解任されると、舞浜の家からオシム一家は出て行かないと
いけないそうなので、この結果でもうしばらくはオシム一家は
千葉県民でいられるようですな。
もし解任されてしもうたら、御茶ノ水に来てくれねーかな?


レッズは驚いたことに負けちゃいましたね、埼玉ダービーで。
誰も負けるとは思ってなかっただろうから、選手もサポもショックだろうな。


そういえばジュビロはアジウソン監督が辞任しました。
辞任するような結果じゃないと思うけど?
確かにムラがあるけど良いチームだし。
若さゆえの過ちの多いチームだからもうちょっと長いスパンで
チームを作っても良かったんじゃないかなー?とは思うけど、
監督の責任感が強すぎたのか、それともサポーターとかフロントの
意向なのか・・・。
posted by タカ at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。