2009年09月06日

対オランダ戦

久々に生放送で日本代表の試合見た。

国内で、平日にやられると仕事で見れませんから。

試合内容だが、予想通りの内容・結果(3−0)で岡田監督も別に気落ちしてない様子。
コメントを聞く限り、選手もそんな感じだった。

たった一人、本田を除いて。


日本は前半から100%の飛ばしっぷりでボールを早め早めに奪いに行って攻撃をするも、最後のところで仕事をさせてもらえず。

後半から出てきた本田は、自チームVVVでの戦い方同様、守備には参加せず、前線で味方がボールをくれるのを待ち続けるも、代表内での立場がVVVの時と違うことになかなか気づけず、気づいた頃には決着がついている状況だった。

先日、中田(英)がすぽるとで面白いことを言っていた。
カペッロは選手をコントロールする力がずば抜けているとかなんとか。

選手を「育てる」のではなく、「コントロール」するのだと。
レベルが高い選手が集まっているわけだから、当然自己主張もみんな強いわけで、そういうチームをまとめるにはそういうスキルのある監督が必要となるという、まあ当然といえば当然の話だけど、これが日本にも少なからず関係しているなー、と今回思った。

現在の日本代表は非常に中途半端な状況といえる。
国内の選手は海外との力の差をこういった試合をしなければ肌で
知ることはできず、学ぶことも多い成長途上の若い未熟な選手も
多いため、従順に監督の言われたとおりに動く。

逆に海外で戦ってきた選手たちは、厳しい環境の中戦ってきているため
自分のやり方を持っている。
代表でも自チームでの一番戦いやすい方法でプレーしたいと思っている。
中村俊輔や長谷部は代表でも中心としてプレーできているからか、
もしくは自分を抑えて戦える組織を重んじる「日本人」らしい
プレーヤーだからか今までチームに問題なくフィットしてきた。

しかし、松井や本田は代表では苦戦している。
個の力としてはずば抜けているものの、それが代表では50%も生かされていない。

彼らに適切な「職場」もしくは「役割」を代表で与えるのは監督だが、岡田監督は今のところまだそれらを見つけることができていない。

松井以上に性格的にも個が強い本田に対し、
「お前の仕事はコレだ!やりたくないなら帰れ!」
と岡田監督が言って本田が聞くとは思えないし、言わないだろう。
これが外国人監督なら言うだろうし、本田も従わざるを得ないと思う。
こういうところに岡田監督が日本人であることでツライところが現れる。

本田は今の日本代表に居場所は無いのでは?と思っているだろう。
見ていた人たちも思ったんじゃなかろうか?
俺は少なくとも現時点では控えに甘んじなければ代表にいるのは難しいと思った。

現在の代表は俊輔中心に作られている。
その俊輔は全員サボらず走ることを念頭に置いている。
これはオシムが意識付けしたところだ。
実際、本田が入る前の日本は非常に良い戦い方をしていた。
飛ばしすぎではあるものの、日本が強豪とやって良い勝負をする時は大抵そういうのが功を奏している時だ。

しかしルマン時代の松井やVVVでの本田はそういった守備も攻撃も
といった選手ではない。
攻撃オンリーと言っても過言ではないほど仕事が偏っている。

松井の場合は守備に「向いていない」というニュアンスが近いが、
本田の場合は守備を「しない」「していない」という感じだ。

これに対して仲間の選手は「あえて」なのか今回フリーであっても
本田にはあまりボールを出さなかったように見えた。
もしくは本田のオフザボールの動きが悪かったから出せなかったのかもしれない。

本田は自分で気づく必要があるだろう。
「VVVと代表は違う」と。



本田を中田と重ねる人がいる。
キャラクターやフィジカルの強さ、決定力などから。

しかし中田と本田では色々なものが違っている。
中田は一人で打開できるオフェンス力もあれば、一流の相手選手から無理やりボールを奪い取れるディフェンス力もあり、攻撃から守備まで全て全力で行っていた。
また、海外で戦えている選手が当時中田一人だという状況もチームで彼を中心に作らざるを得ない状況にしていた。
そして、中田はビッグマウスではなかった。冷静にチームを見ていた。
個として日本人離れしているというだけで、色々なものが本田とは異なっている。

日本人で岡田監督以上に日本代表監督に最も向いている一人が
この中田だと思うのだが、本人がやる気がないのがいささか
残念なところだ。


本田という選手は非常に優秀な選手ではある。
しかし、監督が岡田さんである以上、ワールドカップで本田が大活躍することは皆無だろう。
本田がこれから1年でどれだけ変われるかによるが、それでもチームとして機能できるまでに成長できるかと言えば0%に限りなく近いと思っている。

本田を代表で「育てる」必要はほとんどない。
「コントロール」して「機能」させる必要があるが、それは岡田さんが監督の間は代表では見ることができないだろうから、本田はこれから5年後を見据えて自チームで頑張ることを考えたほうが良い。


JとA代表はこれからより協力的になるべきだろう。
Jは「育てる」のに定評のある監督を海外から呼んだり海外へ送り込んで呼び戻したり、Aは「コントロール」することに定評のある監督をやはり海外から呼ぶべき時期に来ている。
この役割分担をしなければ、松井や本田のような力はあるのに使えない状況が今後多く見られていくことだろう。

posted by タカ at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【A代表】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

J開幕!

あー、久々にブログです。

mixiには仕事の愚痴を結構書いてますがw

サッカーはねぇ…、代表がいまいち自分の中で盛り上がらなくなっちゃってるんで…。

岡ちゃんじゃ結局4年前すら超えない気がしてならないんですよね。
ま、南アフリカ以後まで軽く代表はお休みということで。

一方、Jは結構wktkです。

開幕戦に強い東京は新潟にボコボコにされてましたが、それもまあ、しょうがないのかな?と。

駒はそろいつつありましたが、直前になって怪我人続出。
戦力的には優勝争いをするにはまだ足りないので、今年も長い目で見ていきたいと思います。
5月くらいから面白くなってくるんじゃないかな〜。

山形の圧勝はすごいですねー。
川口カワイソス。
次の試合は勝たないと、監督危ないかもなー。
それだけインパクトが強すぎた。

浦和と鹿島ですが、いい試合でしたね。
まだ浦和の戦術面での応用といったものがなく、逆に鹿島は上積みがあったために苦しい場面でも冷静に対応できたのが差となって現れたのかな?と。
浦和は強いチームに一度いい形で勝てれば乗ってくるチームになりつつある期待は持てました。
あとはこの2チームはサポーターが問題を起こさなければ、数年後には名実共にアジアのビッグクラブになるんでしょうね。

G大阪と千葉ですが、ここまであまり流れの良くなかったG大阪は初戦を千葉という組し易い相手でいけたのはよかったでしょうね。
いきなり名古屋とか大分とかだともしかすると…。

その名古屋と大分は予想通りのいい試合。
金崎の勢いは去年とかわりませんね。
若い選手をうまく育て、ベテランとの融合をするシャムスカ。
名古屋はヨンセンが抜けてもスタイルはかわらず。
サイドからのすばやい攻撃は今年も他のチームを苦しめそうです。

どっちかが2年後に日本代表監督になってほしいなあ・・・。

そういえば、広島とマリノスは広島ですね。
広島といい、山形といい、昇格組が順調な出だし。
J2とJ1との差はあまり無いんでしょうかねぇ?

来週からはおそらくサッカーのテレビ中継とかほとんどなくなりますよねー。
スカパー、どうしようかな…。
posted by タカ at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

書初め

■今年の抱負

・FC東京の試合を見に10回以上行く!
(味スタにこだわらず)

■高校サッカー

大迫が凄いね。
ありゃ、高校生のレベルじゃない。
あの年代としては現時点では完成されつくしてる。
ドリブルやシュートのベストのコースを見つけるのが他の選手よりも
圧倒的に早い。
だからといってプロで通用するかは未知数。
小野のように年を取ることで「見えなく」なってくる可能性もある。
鹿島がうまく育てられるかにかかってくるが、果たして・・・。
そして、マスコミが騒ぎすぎるとあまり伸びない可能性も。

■FC東京

主力選手の残留どころか、福岡から中村北斗を獲るとは…。
ちょっとマジになってきたか、フロントが。

■清水が…

東京にとって苦手な清水の今季のFW2トップが
レッズの永井と名古屋のヨンセンですか?
それに岡崎がいるわけですよ。
今まで清水といえば、得点源はMFだったのに、これじゃ鬼に金棒。
今季は上位争いに入ってきそうだなー。

■大宮も…

何気に大宮はかなりの補強
昨年J2で18得点をとった鳥栖の藤田と同18得点の湘南の石原をとってきた。
さらには韓国の強豪水原三星から主力の元クロアチア代表のマト ネレトゥリャクを獲得。
そして中沢に1億5000万ものオファー。
前と後ろを強化して、はまれば怖いチームになりそう。

■今季のACL

【Group E】
蔚山現代(3大会ぶり2回目)08Kリーグプレーオフ3位・Kリーグ4位
ニューキャッスル・ジェッツ(初出場)07-08Aリーグファイナルシリーズ優勝・Aリーグ2位
北京国安(2大会連続2回目)08中国スーパーリーグ3位 
名古屋グランパス(初出場)08Jリーグ3位

【Group F】
ガンバ大阪(2大会連続3回目)08優勝 08天皇杯優勝・Jリーグ8位  FCソウル(初出場)08Kリーグプレーオフ準優勝・Kリーグ2位
スリウィジャヤ(初出場)07リーガインドネシア1位・インドネシアカップ優勝
山東魯能(2大会ぶり3回目)08中国スーパーリーグ1位

【Group G】
上海申花(2大会ぶり5回目)08中国スーパーリーグ2位
鹿島アントラーズ(2大会連続3回目)08Jリーグ1位
水原ブルーウィングス(4大会ぶり2回目)08Kリーグプレーオフ優勝・Kリーグ1位
プレーオフ勝者

【Group H】
セントラルコースト・マリナーズ(初出場)07-08Aリーグ1位
天津康師傅(初出場)08中国スーパーリーグ4位
川崎フロンターレ(2大会ぶり2回目)08Jリーグ2位
浦項スティーラース(2大会連続2回目)08韓国FAカップ優勝・Kリーグ5位

ACLに参加すると過密日程のため、リーグの順位が一気に落ちる可能性があるから、今年こそはレッズ有利だねえ。(というか、そうでなくては面白くない)
あとは清水や大宮、東京にだってチャンスあり?

posted by タカ at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

久々に

久々にテケトーに書き綴ってみる。

■東京6位

 上出来でした。
 12位からの6ランクアップ
 しかも内容が面白い試合が多かった。
 最後の千葉の試合も含めて城福サッカーにしびれました。
 あの個性派ばかりのチームをよくぞここまで。
 来年以降がもっと楽しみです。

 文句があるとすれば、カボレ、羽生、今野、梶山あたりかなぁ。
 4人とも今季は良いときとダメなときの差がひどすぎました。
 カボレは外国人だししゃあないけど、羽生はもっとできる子でしょ
 今野、梶山は代表に行ってるからって、長いんだから・・・。
 もし、今期の活躍くらいで今以上の給料を請求するようなら、
 今野がG大阪に行ったとしても、あまり困りません。
 赤嶺のほうがよっぽど出られちゃ困る(神戸行きの噂)
 まあ、神戸に行って赤嶺がスーパー活躍するかといえば疑問だが。

■鹿島の優勝
 一部のサポ・それに対するフロントには問題がありましたけど、
 チームは非常に統率されていて、小笠原がいなくなっても安定
 感が一気に下がるようなことはなく、優勝に値するチームでしたね。
 小笠原がいればもっと早く決まっていたかもしれませんが、まあ
 若手も育って雨降って〜でしたでしょう。
 来季はもっと強くなりそうだなー。

■無冠の浦和
 ま、しょうがないですね。
 これは全員に問題があるんでしょうな。
 オジェックを呼んだフロント。
 オジェック自身の人心掌握能力。
 オジェックに合わせなかった選手。
 新聞や目の前の試合に一喜一憂し、冷静に判断しなかったサポ。

 たった2試合で首を切って、緊急事態だというのに監督をいつまでも
 エンゲルスで行こうとしてしまった。
 ブッフバルトに即伺いを立てるべきだったし、オジェッククラスを
 呼ぶべきだった。(もしかしたらエンゲルスでGOって言ってた
 かもしれんが・・・)
 もしくは、オジェックのやり方に問題があるような発言をする選手
 を放出するべきだった。

 結局、オジェックを切った後何もしなかったツケが最後まで響いた。 
 オジェックからエンゲルスに代わったとたん、もともと個が強い
 戦いがさらに個の戦いになってしまい、負けるような相手ではない
 ところにまで負けてしまった。

 監督がコロコロ変わったらチームにならないとは浦和の誰かが
 言った発言だが、たった1回しか変わってないよ。
 しかも下から上がってきただけ。
 それはいいわけには全く持ってならない。

 来季はまたドイツのフィンケだが、吉と出るか凶と出るか。

 その前にほとんどがなぜか給料交渉でもめてるからな。
 とーりおは別として、坪井、さんとす、永井あたりは文句言えるの?
 とーりおは代表のところを見ろ!って言ってんだろうけど、チーム
 にそれが言えるかどうかはわからないなー。

 出だしから最悪の季節となるかもしれんな。

■奇跡の千葉
 逆に監督交代で奇跡を起こした千葉。
 千葉の監督を連れてくる手腕には脱帽です。
 ほかのチームは千葉の監督を呼んでくる術を盗むべきでしょうな。

■磐田のスーパールーキー
 凄いね松浦☆。
 あれが早熟じゃないんならとうとうストライカーが日本にも生まれたか?

 入れ替え戦2戦目の胸シュートとか、カウンタードリブルシュートとかプレーが外人チック。

 こういうの見ると日本人監督って本当に見る目無いなー、って思う。
 もちろん、ベストメンバー規定で五月蝿い方も。

 正直、ベストメンバー規定っておかしな話で、言葉と内容が伴ってない。

■ベストメンバー規定
 ベストメンバーって最強メンバーでしょ?
 試合に出ている時間が多いメンバーが最強か?って話。
 代表やリーグやカップ戦にフルで出続けて疲れた選手よりも、
 やる気がみなぎっていて、体力が有り余っているその選手よりも
 若干スキルが劣る若い選手のほうが試合によっては良いわけでしょ?
 
 もし、Jリーグがプレミアのようにベンチも各国代表だったりしたら
 何が、誰がベストなんだかわからない。
 (逆に、千葉あたりは浦和のメンバーから見ればベストメンバーに
 あたる選手なんて本当にいないかも。)
 時間だけでベストメンバーって決められないはず。
 チームが勝つために、将来のためにそのチームのベストを
 探すために、一発勝負のカップ戦にあえて若手やベテランを
 使ったって別にいいじゃない。

 雨に強い、雪に強い、暑さに強い いろんな選手がいるでしょに。
 怪我の多い試合を終わらすクローザー的な選手こそここ一番のみ使いたい。ほかでは使いたくない。そう考えるでしょ。

 俺はさっさとこんな規定取っ払ってほしいね。
 むしろ若手が中心とか、ベテランばかりとかでターンオーバー
 のほうが面白そうだし。

 カップ戦には普段見れない若手・ベテランが集まるから見に行こう!

 ありでしょ?

 ベストメンバー規定のせいで中山・名波が見れない。
 さびしいでしょ?

 オフトはよくやったよ。

■秋春制
 やめてほしい。
 暑い中でのサッカーは観戦できるが、寒い中での観戦ほどきついものはない。

 選手の総意ならまだしも、個人の(協会の?)意見だしな。
 
 見るのはサポーターでしょ?
 協会会長が観戦料でも出してくれるのか?中東の王様のように。
 それなら文句は言わんさ。

 俺は夏なら見に行くけど、冬は見に行かないよ。
 トヨタカップだって行ったけど、あれは一回きりだから。
 それに本当は耐えられないくらい寒くてつらい。

 スタジアム全体が暖かくならない限り冬の観戦は無理。

 それに、どっちにしろ夏に予選とかあって戦わなきゃいかんのに
 選手甘やかしてどーすんの?
 サッカー選手は野球ほどではないにしろ、ほかのスポーツからすれば
 十分すぎるお金をもらっている。
 体のケアもクラブでできるはず。

 冬だって結局は血管が細くなったりして体には負担をかけるわけだし
 一緒でしょ?

 結局はヨーロッパと同じにしたいってそこだけなんだろうけど、
 そのヨーロッパが春秋制に今しようとしている。

 やる必要は全く無い!


■クラブワールドカップ
 微妙。レベルが。
 今日のでもG大阪の遠藤くらいしか見るべきところがなかった。

 やはりやるからには
  チャンピオンズリーグ優勝チーム
  スペイン   リーグ優勝チーム
  イタリア   リーグ優勝チーム
  フランス   リーグ優勝チーム
  イングランド リーグ優勝チーム
  ドイツ    リーグ優勝チーム
  その他の欧州リーグ枠×1
   (各国その他リーグ優勝チーム同士の対決で決める) 
  南米選手権  優勝チーム
  ブラジル   リーグ優勝チーム
  アルゼンチン リーグ優勝チーム
  その他の南米リーグ枠×1
   (各国その他リーグ優勝チーム同士の対決で決める) 
  北中米アジアオセアニア枠×3
   (ACL+NZ+メキシコorアメリカ)
  アフリカ枠×1
  開催国枠×1

 くらいでやると面白いと思うけどな。  
 大陸別っていうけど、クラブ世界一を決める大会なんだから
 こういう感じが一番リアルだと思うんだけど。

大会のレベルを上げる努力、FIFAは全くしてないよね。
posted by タカ at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

最近のJ

最近は色々とJではありました。
気になったことをつらつらと書いてみる。

・鹿島小笠原の今季離脱

VTR見ましたけど、靭帯ってちょっとしたことで切れるんだなー、と怖くなりました。
サッカーだったらああいう接触は日常茶飯事なのに、
あるタイミングでは無傷なのに、小笠原のアレだと重症って・・・。
鹿島にとってはこれでAFCが厳しくなりましたね。

・鹿島のサポーターが旗で柏の選手を攻撃!

上の「事故」の印象を全く打ち消してしまった「事件」
鹿島のサポーターがたまに大きな事件を起こしますが、今回のは特に大きかったですね。
本来、ピッチ内とピッチ外はお互いに相容れないものなのに、そこに入ってしまった。
南米やヨーロッパでたまに乱入とか見られるけど、まだあっちのほうが可愛い気がする。
乱入って結局入っただけで、特に何もしないうちにつかまるパターンが多い。
入った途端そいつは一人だから何かをするのに勇気がいるから。
だけど、ピッチ外から旗で危害を与えるっていうのは集団の中からやるから勇気がいらない。
勢いだけでいいから起こりやすい。
しかも、事前に止めるのが困難だから結局「事後」となりやすい。
これをやった本人だけの責任とすれば、今後もまだまだ起こりかねないと思うし、こういうシーンを何度も見せられれば女性や子供はサッカーの試合を見に行きにくくなる。

Jやサッカー協会は厳しく当たるべきだとは思いますけど、そうならないんだろうなー。

・AFC

鹿島が敗退(小笠原いなくなったのは大きかっただろうな)、準決勝でG大阪と浦和が対決となりました。
確実に日本のチームが決勝にはいくけど、決勝でこれだったら最高に盛り上がったのになー。

・Jリーグ順位

大分の順位は驚異的。
まあ、今後は上位陣との対決になるので自然と下がるとは思いますが(そこも制したらそりゃ当然優勝ですけど、そこまでの体力は大分にはないかと)、シャムスカ監督が優秀であるということは十二分に証明されたでしょうね。
優秀と言えば、名古屋のストイコビッチと千葉のミラー監督もすごいですね。
名古屋は万年中位のチームだったのに、今年からいきなり1位を浦和から奪い続けているし、千葉はどん底の最下位から先週とうとう自動降格圏内を脱出し、今節も勝利して勝ち点は中位クラスとさほどかわらなくなりました。

1位 名古屋グランパス 48
2位 大分トリニータ 48 済
3位 浦和レッズ 45
4位 川崎フロンターレ 45 済
5位 鹿島アントラーズ 43
6位 FC東京 42
7位 ガンバ大阪 37
8位 清水エスパルス 37
9位 京都サンガ 35 済
10位 アルビレックス新潟 35
11位 横浜F・マリノス 34 済
12位 ヴィッセル神戸 34 済
13位 柏レイソル 33 済
14位 大宮アルディージャ 32 済
15位 東京ヴェルディ 31
16位 ジェフ Utd 千葉 30 済
17位 ジュビロ磐田 26
18位 コンサドーレ札幌 17

「済」 は今日(2008/09/27)に試合が終了しているチームです。
大分は今日マリノスに負けたのが後々響くかもしれませんね。
とはいえ、戦力的に見れば今年は優勝争いは厳しいものでしたからこの後落ちていっても決してがっかりするようなことじゃないと思います。
むしろお金のあるチームに監督を獲られる心配を大分はすべきでしょうね。

ヴェルディは明日勝たないとジェフに相当プレッシャーを与えられてしまいますね。
大宮もうかうか出来る位置ではないですし。

まだ残り7〜8試合くらい残ってますから、G大阪辺りまでは一応気にしないとジェフに抜かれていつの間にか降格圏内・・・なんてことも?(ナイナイアリエナイ)

優勝争いは名古屋、大分、浦和、川崎の4チームでしょうね。
鹿島は小笠原がいないことでまた不安定になるでしょうし。
F東京は・・・優勝って言うのはちょっと狙える安定感にまだ欠けます。
でも、3位以内くらいなら狙ってもおかしくないですね、最近の勢いから考えると。

札幌はかわいそうですが、降格決定と言ってもおかしくないでしょうね。

・札幌 ダヴィ カタール移籍

そんな札幌はシーズン中にも関わらず、得点源のダヴィが最近話題のカタールに移籍します。
移籍金は3億らしく、札幌のオーナーであるHFCは今季の赤字をこれで埋めるそうです。
チーム的にはかわいそうですが、経営の面から考えればしょうがないでしょうね。監督も今の結果から考えれば文句は言えないでしょうし。

そういえば、今日のスポーツ報知にこんな記事が。
「世界サッカー界を席巻するオイルマネーがJリーグにロックオン!
 札幌FWダヴィのカタールリーグ電撃移籍が決定的となっている中、
 外国人移籍を統括するカタール五輪協会が、今冬の移籍市場で
 J得点ランク上位を占拠するブラジル人FW総獲り計画を
 発動させたことが明らかになった。

 ・・・

 アラビア語を操るフランス人代理人が日本国内で暗躍。
 ダヴィ、エジミウソンのみならず、鹿島・マルキーニョス、
 川崎・ジュニーニョ、F東京・カボレ、新潟・アレッサンドロにも
 同様の書面を出しており、今冬高額移籍金で電撃移籍する可能性は
 ある。」


ほえー、東京のカボレにもですか?
うーむ、困ったな。
まあ、鹿島のマルキーニョスを獲られるよりは東京のカボレの場合は困りませんけど。

・来季からアジア人枠1追加

Jリーグは来季からアジア人を今までの外国人枠とは別に設けるようです。
これを上位チームが使うかどうかは微妙なところですが、中位クラス以下は使うのもありかな?と思いますね。

なぜなら、上で書いているようにカタールやその他中東が潤沢なオイルマネーで買ってくれるから。

若い南米の選手や西アジアの身体能力の高い選手を連れてきて、活躍させて、2年目に給料を思いっきり上げて、シーズン途中で高値で売る。


アリだと思いません?

Jはいいお客さんに目をつけられたと思いますよ?


昇格組なんかはこういう方法で途中の売り買いでチーム資金力を上げて、いい日本人選手を買うっていうのも考えるべきでしょう。

チームのフロントはちゃんと組織化して、チームの資金力を増やすところを細かく分けるべきでしょうね。
 グッズ販売系
 選手の給料関連
 スタジアム等の維持費
 下部組織の維持費
 その他の支出
 監督候補のリサーチ・交渉
 若い国内選手のスカウティング
 若い海外(南米)選手のスカウティング

この辺までが今までの既存の部分で、以下の部分を新設するべきなんでしょうね。

 若い海外(中東)選手のスカウティング New!
 代理人との連携 ←ココが大事かと!

代理人に甘い汁吸わせて、子飼いにしとけばある程度の融通は利くだろうから・・・となんだか怪しい話ですが、彼らは十分に怪しいので怪しい奴らには怪しい対応できる部門を作っておけば(お金の管理はもちろんしっかりしないとダメだけど)、チームの戦力がいきなりダウンすることも防げるのではないかと。


途中強奪されたくないチーム、浦和や鹿島のようなチームはチーム力を重視したいでしょうからもしアジア枠を使うなら西アジアではなく、東アジアの選手を獲るべきでしょうね。カタールは東アジアの選手を獲ってるイメージは全くないですし、日本や韓国の一流選手がお金のためだけに中東にいきたいとも思わないでしょうし。


ようやくJが外部との絡みが出てきて面白くなってきましたね。
こうなると欲深いヨーロッパの代理人もますます入ってくるようになるでしょうし、Jが注目を浴びるいい傾向だと思いますわ。

posted by タカ at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。